2017/01/21 11:12:02

世界は保護主義に

 トランプ大統領は就任演説で通商、税、移民政策などを通じ、米国の利益を追求すると宣言しました。


通商面では、TPPからの離脱、北米自由貿易協定(NAFTA)は再交渉を求め、参加国が応じなければ離脱する意向を示しています。


また、既存の協定についても米国の利益にかなわなければ再交渉する方針を示しました。


 これでは、不自由貿易になってしまいます。


 環境・エネルギー分野では、オバマ前政権が策定した地球温暖化対策の行動計画は撤廃し、温暖化対策計画撤廃のほか、外国の石油に依存せず国内(シェールオイル・ガス)生産を拡大する方針を示しました。


 増産で原油価格も値下がりしますから、原油売却収入に頼る産油国経済は悪化します。このためオイルマネーは株式市場から回帰します。


トランプ大統領は「米国第一」を貫き、保護主義的な政策を辞さない構えです。


 ヨーロッパでもイギリスのEU離脱交渉が本格化し、英国第一主義が始まっています。


 米英両国の根本は、自国民第一主義、移民排除にあります。


 移民受け入れに難色を示しているヨーロッパ諸国でも自国主義が台頭し、EU離脱が続く恐れがあります。


 欧州情勢が不安定になると独仏では支えきれません。



現在の世界の株式市場は、低金利と米国景気の拡大に支えられて、水準を保っていますが、保護主義(米欧諸国)、金利上昇(米国)、景気停滞(中国・新興国)のいくつもの悪材料をこなせるとは思えません。



<最高品質のサポート、安心の落札は岡野不動産合同会社>
こんな不透明な環境にあっても、わが国の投資用不動産は魅力的な利回りを提示しています。






会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ