2019/02/23 13:00:06

相続共有地 ・遺産分割審判・

これから福島県まで出動し、土地をまとめます。


取引先の不動産業者が太陽光用地とした転売を計画している土地です。



難点は、複数回の相続があったために、相続人が40人くらいになっていることです。


押印に否定的で遺産分割協議ができない人がいます。


このたびは弁護士さんに同行してもらい、相続人のひとりから訴訟委任状に押印していただきます。


共有土地の分割は、共有者全員が裁判所の手続きに参加しなければなりません。


今回は、家庭裁判所に遺産「分割請求」(民法907条2項)を申立てます。


申立人は相続人のひとりで相手方は共有者全員になります。


ほとんどの相共有者とは遺産分割協議ができていますので、遺産分割協議に否定的な一部の相共有者に対する審判を求めることになります。


そして、代償(金銭支払)分割を求め、土地所有権を1人にまとめてから譲渡です。



<最高品質のサポート,安心の落札は岡野不動産合同会社>
こういう記事を掲載すると質問してくる人がいますが、当社顧客でないのでお答えできません。取引のある不動産業者に照会してください。






会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ