2020/07/03 9:40:17

不動産Q&A (3) ・縄伸・

Q 縄伸びについて教えてください。


A 実際の土地面積が登記簿の面積より大きい場合を「縄伸び」といいます。


明治時代に全国を測量した際にその精度が低かったことに起因しているといわれています。


特に山林では縄伸びが顕著です。他方で田の面積は現代測量との相違は少ないです。


どうしてでしょうか?



おそらく(当時測量を行った)農民にとっては山の(大きな)面積を測るのはたいへんな苦労でしたでしょうし、地租の低い山の面積など役人が検証することもありません。


そこで、形式的に測量して、地租の納めすぎにならないように安全率を見込んで面積を小さく(縄伸び)申告したものと考えられます。



<最高品質のサポート,安心の落札は岡野不動産合同会社>


当社顧問先の購入した山林は登記簿では全123筆で26万平米でしたが、グーグルmapで簡易測量したところ40万平米ありました。14万平米「縄伸び」していました。






会社概要

会社名
岡野不動産(同)
カナ
オカノ フドウサン ゴウドウカイシャ
免許番号
東京都知事免許(2)94547
代表者
岡野 直行
所在地
1660003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−14平野ビル 301
TEL
代表:03-5929-7021
FAX
代表:03-5929-7051
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝
最寄駅
中央線高円寺
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ