2019/02/28 10:25:40

特別寄与請求権の創設について


大きな改正点 2019年7月1日開始予定


特別寄与請求権の創設について


 この度の民法改正により、特別寄与について新しく第1050条「特別寄与料の請求権」が創設されました。
これまで、寄与分として請求することはできましたが、寄与の対象は、基本は相続人のみでした。
この改正により、相続人以外にも被相続人への貢献を考慮する旨が明確にされ請求権が創設されたのです。


これにより、被相続人への無償の療養介護や、労務の提供を行った場合、相続人でなくても寄与分が認められるように改正され、特に
相続人でない被相続人の子の配偶者を特別寄与者として、特別寄与料の請求ができるようになります。


今後の相談事案においても十分注意していきます








2019/02/25 19:34:10

配偶者居住権について



 配偶者居住権とは、法改正で新しく設定される権利であり、被相続人(亡くなった人)の配偶者が相続開始時に被相続人の持ち家に住んでいた場合、相続開始後にその家を他の相続人等が取得しても、被相続人の配偶者が引き続き無償で使用(居住)したり、人に貸して家賃収入を得たりすることができるとする権利のことです。(ただし、前提として人に貸す場合には居住建物を取得した相続人の承諾が必要です、細かな条件もございます)


改正施行後は配偶者居住権のついた物件の売却が出てくると思われます、注視していきたいと思います






会社概要

会社名
(株)オリーブの木
カナ
カブシキガイシャオリーブノキ
免許番号
東京都知事免許(1)103021
代表者
上野 晃
所在地
1030027
東京都中央区日本橋2丁目3−21八重洲セントラルビル7階
TEL
代表:03-6821-5474
FAX
代表:03-6800-3218
営業時間
09:00〜18:00
定休日
不定休
最寄駅
山手線東京
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ