2011/03/20 8:30:53

東北関東大震災の後遺症に思う

大災害から10日ほど立ち深刻な状況の情報が日増しに増えています。災害がある度一番の被害者は、お年寄り、病人、赤ちゃんと母親等弱者に大きくしわ寄せがきます。過去に何回となく同じ事を繰り返していますが、有効な対応策は無いものでしょうか?


特に許せないのは、災害地での泥棒、募金の詐欺を働く輩です。弱者を苦しめ、人の善意踏みにじる行為ほ厳罰の法律を作って欲しいです。


計画停電による事故、経済的被害、特に深刻なのは入院患者及び医者、看護士の大変な負担だと思います。電気のない生活が考えられない状況の現在、万一の場合の対策をもっと考える必要を痛感しました。


原発の事故は近隣の住民のみだけでなく、広範囲な農家、酪農家への直接被害、風評被害がとても心配されます。輸出も減り経済的損失は大変なものになるのではと心配です。


ガソリン不足は全ての生活、生産活動に大きな影響を及ぼし始めています。生活物資の不足はもちろん、重機等の燃料不足で復興活動をはじめ、建築、建設業界にも大きく影響が出始めています。なんらかの手を打たないと、巷に失業者があふれ社会不安に陥ることを懸念します。


国民は精一杯頑張っています。政府も知恵を出し有効な手を打って欲しい。






会社概要

会社名
(有)プラスパ春日部
カナ
プラスパカスカベ
免許番号
埼玉県知事免許(5)18738
代表者
大場 英巳
所在地
3440007
埼玉県春日部市小渕1487ー2
TEL
代表:048-760-4521
FAX
代表:048-760-4522
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎週火・水曜日
最寄駅
スカイツリーライン北春日部
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ