2011/10/11 20:50:45

実りの秋です!

今年も残り2ヵ月と少し、でも秋は多くの実りをもたらしてくれれる季節でもあり冬に備える季節ですが、流通が発達し、世界中から何でも入ってくるようになって季節感もずいぶん薄れてしまいました。何でも手に入る事が当たり前の感覚になってしまい、なくなった時の対応の方法がわからずパニックになり、暴動が起こるのではと取り越し苦労をしてしまいます。でも世界では、旱魃等異常気象、人口増加による食料不足が起こっていることも確かです。3・11の震災で被災された方たちは身を持って経験された事と思います。


異常気象も毎年ひどくなるようで、又天災は何時襲ってくるか誰にもわかりません。日本の農業の有り方をもっと真剣に取り組んで欲しいと思います。製造業が新興国に押されるならば、食料品で世界を牛耳る位の意気込みで頑張らないと日本の将来が心配です。幸いに日本人は衛生面では教育が行き届いて、食文化も進んでると思いますので、安全な食材、健康に良い食文化をどんどん海外にも発信できるのではと思います。


食べることは生きるための基本中の基本です。きちんとした食事は健康維持はもちろん精神を安定してくれます。医療費の負担も減り本人はもちろん国の医療費削減にもつながります。きちんとした食事が如何に大切かは子供のころからの教育が大切です。


農業も工業製品のように組織的に出来るような仕組みが早いうちに出来るのを期待したい。






2011/10/06 8:19:21

生きていくこと

年とともにだんだん宗教の考え方に近づいているようで、自分でもおかしく思うときがある。普通に日頃の生活を繰り返しているような生活でもとてもパワーが要ることが身にしみます。若いときには全く感じなかったことです。生きていくことは毎日が戦いのようです。多分戦いをやめたときが自分の人生が終わった時で後は惰性で不満な日々を過ごすことに事になるのでしょうか。


人間の欲望は限りなく他人を押しのけても自分だけはとの思いが今日の発展を遂げたと思いますがこの先はどうなるのでしょうか?エンドレスで果てしなく続くのでしょうか。


震災で被害にあわれた人達はどんな思いでいるのでしょうか。若い人達は復興に希望を見出して頑張ってると思いますが、高齢の人達は何を目標として生きがいを見つけるのでしょうか。特に長い時間をかけて作り上げた物をすべて失った人達はどんな思いでこれから生きていけばいいのでしょうか。多分人の親切のみが頼りのような気がします。


やっぱり夢と希望がないと不満な人生を送ることになるのでしょう。喜びは小さく、悲しみ、不安、不満、恐怖が多いのが人生のようです。やっぱり人生は戦いのようです。負けずに頑張らないと!


健康であれば頑張れます。








会社概要

会社名
(有)プラスパ春日部
カナ
プラスパカスカベ
免許番号
埼玉県知事免許(5)18738
代表者
大場 英巳
所在地
3440007
埼玉県春日部市小渕1487ー2
TEL
代表:048-760-4521
FAX
代表:048-760-4522
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎週火・水曜日
最寄駅
スカイツリーライン北春日部
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ