2020/02/17 9:10:59

恐怖

最近はマスクがおお売れ


防寒対策、コロナウイルス対策から始まり花粉症対策、インフルインザ対策とマスクが手放せない状況が続いています。


とりわけコロナウイルスの影響で今年の経済はどうなるのでしょうか?


人の流れが止まれば経済は成り立ちません。


ウイルス感染の恐怖と不況の恐怖との戦いはいつまで続くのでしょうか?


目には見えないウイルスが世界を脅かしたことは過去にも数回あったとは聞いていましたが実際に巻き込まれることは初めての体験で対応方法がわからなく不安だらけです。






2020/02/10 9:17:01

見えないもの

新型ウイルスがなかなか収まらず不安が広がって、日常生活、経済活動に影響を及ぼしています。


日頃の衛生管理は自分でしっかりやるしかありませんが、過剰になると逆効果かになる恐れがありますので難しい。


何事ににもそうですが、日常で見えないものには期待もしますが、恐怖を感じることが多いのでは?


自分の人生、景気の先行き等先のことに対しては不安と期待を込めながらの毎日を過ごしています。


どんな大きな数字でも1から始まるように何事も小さいことが重なり大きな変化を起こします。


自分でできる小さな事柄、問題は先延ばしにしないよう注意しないと。











2020/01/28 9:49:26

自分の平成時代

阪神淡路大震災のニュースを見て自分の過去を振り返ってみた。


1・H3/3~H5/10にかけてバブルの崩壊が起こり勤務先の会社が無謀な土地投資で多額の赤字を出し、4年後に倒産


2・H7/1/17阪神淡路大震災発生:当日は大阪の取引先の新年会が決まっていて、前日から泊りで行くか、当日の朝に行くか迷ったが当日の早朝で決めて起きたら大変なにニュースが放送されていた。


3・H7/3/20地下鉄サリン事件発生:日比谷線で通勤していたので会社に着いたら皆から日比谷線が止まってると聞かされ、後で知ったが自分の乗っていたすぐ後続の電車が事件を起こされていた。


4・H3/3/11東日本大震災:仙台の弟家族と連絡が取れず行くにも行けず焦る。3日後に連絡が取れ皆無事の確認はできたが、家も店舗も流され本人は泳いで逃げてやっと助かったと聞かされた。


5・H20/9/15リーマンショック:独立し9年目、初めて全く仕事がなくなり立ち直るまでの3年間自己破産の最悪を考える毎日だった。


災害の多い平成時代でしたが、令和は平穏でいてほしいと願うばかり!! 






会社概要

会社名
(有)プラスパ春日部
カナ
プラスパカスカベ
免許番号
埼玉県知事免許(5)18738
代表者
大場 英巳
所在地
3440007
埼玉県春日部市小渕1487ー2
TEL
代表:048-760-4521
FAX
代表:048-760-4522
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎週火・水曜日
最寄駅
スカイツリーライン北春日部
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ