2014/09/07 8:58:10

災害に立ち向かうには

今年の夏はすっきりしない災害の多い夏で終わりました。日射不足が、農業はもちろんのこと経済にも大きなマイナスをもたらしました。


災害の無い国、地域は地球上ではないかと思います。


昨日のテレビを観て反省させられました。災害から逃げるのではなく、いかに備えるか、そして災害にあった後の取り組みをどうするかが復興のカギであることが語られていました。


それも行政に頼りすぎる考えではうまくいかないと。


地域、住民が日ごろから話し合いがあるかないかで被害にも復興時間にも大きな差が出るとのこと。


地域の結束が大切なことは分かっていながら、自分本位の考えが蔓延し、自分には関係ない、問題があれば行政がやればよいの考えが邪魔をしてるようです。


特に問題が発生すれば、行政が悪いの風潮があるのは考え物です。


高齢化社会で弱者がますます増えてきます。地域でまとまれないと災害時には即応ができません。


地域で助け合いができるしシステムを構築できる方法はないものでしょうか?


自分が幸せになるには、周りも幸せでないと。






コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(有)プラスパ春日部
カナ
プラスパカスカベ
免許番号
埼玉県知事免許(5)18738
代表者
大場 英巳
所在地
3440007
埼玉県春日部市小渕1487ー2
TEL
代表:048-760-4521
FAX
代表:048-760-4522
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎週火・水曜日
最寄駅
スカイツリーライン北春日部
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ