2022/11/12 9:21:58

『地方の魅力とはなんでしょうか。』

 今朝の日経記事で”地方の企業で働きたい理由”に関する調査結果が目に止まりました。「物価水準が安い」「地方創生に貢献したい」が上位を占め、次に「地方の環境で子育てをしたい」があり、「親の介護などの実家の都合」や「配偶者の実家近くを希望」などが挙げられておりました。実際、私の会社への問い合わせを頂いた方や、現地案内をさせて頂いたお客様に動機を聴かせて頂く中でも、やはり同じご意見が多かったですね。
 実家の都合や配偶者の地元と言われる方が多い中、最近のお客様の中で特に増えて来たと思われる動機がございます。それは「四国は暖かそうだから。」とか「瀬戸内海の景色が好きだから。」そして、その方々の殆どの方が仰る共通点がございます。それは『田舎で家庭菜園などをしながら、ゆったりと暮らしたい。』と言う事ですね。出来るだけ自給自足をしながら、テレワークで仕事をこなせれば良いと考えられている方も増えて来た気が致します。
 そんなお客様とお話をさせて頂いていると、逆に気付かされる事も有りますね、『地元の方はこの瀬戸内海の景色のすばらしさに気づいてますかね?』とか『自家用車の移動を考えればこんな便利な所は中々珍しいですね。』など、聞かされる事もございます。私と致しましては、そういうご意見を持たれた若い方にどんどん移住して頂き、そこで経験されたり培って行かれる様を国内だけでなく、グローバルなレベルで発信して頂きたいと思います。
 私の夢は、国内外問わずここ四国にワイワイ集まって来てもらう事ですね。





2022/11/09 9:44:46

『空き家予備群の対策、どうされてますか?』

 先日、市内に空地の売却依頼を受けさせて頂きました。その対象土地には隣接して借家が三軒並んでおり、その建物も同じ方が所有されている状況です。問題なのはその借家の賃借人のすべての方が、現在介護施設に入られているようで、そのうち二軒の方にはお子様も無いとの事です。この借家人が亡くなられた場合、もしどなたも近親者がおられないとすれば、その借家内部の家財道具一式の処分は誰がするのだろうか、と言う事なんです。今回の場合、借家人が施設に入られている状況らしいのですが、どちらの施設なのかがどなたも知らない様子です。今後、様々な対策を検討して行かなければならないと感じます。
 この仕事をさせて頂いている中、現在お一人で持ち家にお住まいされている方が結構多く、中には親族が居ない方もおられます。その方々のお住まい、数年後には間違いなく引き取りてが無い空き家となってしまう可能性が高い訳で、今後の住まいの在り方について、考えて行かなくてはならないですね。
 このように「空き家予備軍」が懸念される不動産は、この先ドンドン増えて行くのでしょう。この先この予備群を少しでも軽減出来るよう、ご協力させて頂ければと考えております。





2022/11/07 8:55:59

『農業後継者が一組増えました。』

 以前ここでご紹介させて頂いた方なのですが、私の知り合いが経営されていた農園を借りて、そこでブルーベリーなどの栽培を始められる事となりました。その農園では過去にフルーツトマトやマンゴー、そしてつい最近ではマスカットなども栽培されておられたようです。その施設内で今度は新たにブルーベリー栽培をされる訳ですが、その栽培工程においてはハウスのオーナーさんが培ってきたノウハウが継承される事となるんです。何でしょう、こんな素晴らしい事は有りませんね。関西から来られたお若いご夫婦が、ここ四国中央市に住まわれ、農作業をしながらその農産物を、新たな生活の糧の一つとして頑張って行かれるのですから、是が非でも頑張って頂きたい所です。
 この方々の頑張りを暖かく見守りながら、それを伝播して頂く事で、また他の若い方が一人でも増えて行って頂ければ嬉しいですね。都会の喧騒に押しつぶされそうな方、毎日瀬戸内の海を愛でながら、田畑で汗流してみませんか!!







会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(2)5461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17アロエビル1F
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ