2020/02/15 9:24:17

「少子化と女性の就業」

 昨年12月に策定された『第二期まち・ひと・仕事創生総合戦略』では、未来都市に選定され街が10か所程あり、その中に福井県鯖江市がございます。鯖江市ではメガネの生産、漆器の生産などの家内工業が盛んで、そこに働く女性の就業率も国内トップクラスだとか。地方創生を謳う中で、地元企業が元気な事は、もちろん望ましいと感じます。
 添付のグラフは少子化と言われる現在の女性の方々が、何故子供を欲しがらないのか調査されたものを、その理由別、年齢別にグラフ化されておりました。その中には『自分の仕事に差し支える』『夫の家事・教育の協力が得られない』などの理由を上げられる方がいるようです。少数意見の中には『子供がのびのびと育つ環境ではない。』と言うご意見もお伺い出来ます。
 私個人的に思う事ですが、田舎暮らしをされている方にはそんな‶気苦労”はあてはまらない方が多いのではと感じます。おばあちゃんが居て、おじいちゃんがいるから、子供は安心して預けられて、のびのびと育ってくれるからではと。そう思います。
 2月23日午後4時から信越放送で『ロンブー敦のわたし移住しました』と言う番組が始まるようですが、そういう観点からも楽しみにしたいですね。






2020/02/14 9:18:52

「地域・学部着実に成果。」

 近年、各地の大学で「地域」を議題とする学部が多く設置され始めている様です。その先駆けとなったのは『高知大学地域協働学部』だと思います。高知大は’15年に‶協働学部”を立ち上げ、1〜3年生が600時間にも及ぶ実習に取り組まれております。主な活動拠点は高知県の山間部にあり、人口300人程度の地区内で、地域の催事に参加され、地域の課題の解決に向け日夜汗を流されている様です。この活動はTV番組に取り上げられたり今回のように新聞記事に掲載されたりしております。私がこの学部の活動を知ったのはとあるセミナーに講師として来られた方が、私が京都の会社に就職するために面接をして頂いた時の担当者で、後々の直属の上司だった方のご子息さんだったのです。その方が現在この学部の講師をされており、その活動ぶりに感銘を受けた訳です。そんな高知大学協働学部の学生さんたちの地道な活動は、様々な成果を上げられている様です。大学の近くには『Cafe satobito』をオープンされ、地元農産物を使ったランチの提供などをされております。地域に密着され様々な課題に取り組まれている若い方々、実に前向きで笑顔の絶えない方ばかりです。この地道な活動がどんどん波及して、活力ある「地域」にして頂ける事を切望致します。
PS:Cafe Satobito はアイスがおススメとの事です。






2020/01/27 9:25:12

「公共建築物に木造建築が見直されています。」

 写真は今年の正月にお邪魔した『銀閣寺』です。銀閣寺は長享3年(1489)に建築されましたので築後531年目ですね。屋根は柿葺で30年毎に葺き替えをされており、平成20年から2年間で耐震補強などの工事も施されました。見た目には不安定そうな建築ですが、25年前の震災での影響も見られなかったようです。
 近年公共建築でも木で建築される事が見直されているようですが、これは建築技術の進歩と、国産材の伐採による二酸化炭素の吸収力を高める効果も期待されているらしいですね。森林伐採によって新たな木を植樹する事で、成長期の木が増える事で、より多くの二酸化炭素が吸収されるようです。
 驚く事に住友林業では2041年には高さ350mにも及ぶ70階建て木造ビルを計画されている事もお聞きしました。


 様々な意味合いから『環境を守る』事が出来る木造建築、今後もっともっと見直しをして頂きたいですね。







会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(1)5461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17号
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ