2019/06/29 10:09:31

「居住用財産の譲渡に関する改正」






『被相続人の居住用財産を売却した場合の3千万特例控除の特例」について、簡単にご案内致します。一人暮らしの親ごさんが亡くなって、それまで生活の拠点として住まわれていた住宅を売却された場合、次の三つの要件が全てあてはまると、最高3千万の特別控除が受けられます。1、昭和56年5月31日以前の建築。2、マンションなど区分所有登記ではない物。3、相続開始の直前において、被相続人以外の居住は無かったこと。とされております。ただここでご注意いただきたいのは、建物の耐震性が無いものは耐震リフォームが必要ですので、通常は解体して更地にして売却するケースが多いでしょうか。その場合「解体」を買主でしてもらう条件で売却すると、控除対象とならなくなりますので、固定資産税などの事も加味して、売却と解体のタイミングには十分ご注意された方がよろしいと思いますよ。
その他、相続開始から3年目の12月31日までに手続をされる事が必要ですので、詳しくは国税庁のホームページをご確認下さい。









2019/06/25 8:54:26

『農業アルバイト』










農業アルバイト』…現在日本の農業就業人口は175万人(’18)で、8年前には261万人は居たとの事です。その上現在就業されている殆どの方は地元主婦と高齢者ですので、今後の農業就業者不足は目に見えている様ですね。
 しかしその反面、法人形態による農業法人は増加傾向にあり、その農業法人に雇用される「農業アルバイト」の人口も徐々に増えて居るようです。これらに対しては農林水産省も「農業の働き方改革」を進めている訳で、農産物の生産から加工、そして販売に至るまでの通年雇用が可能な仕組みを後押しされている。
高齢化が進み耕作放棄地が増え過疎化が進む中、その現状を打破するためには農業法人による新規参入を促進し、若い方々が就労しやすい環境を整備し、日本の『農家』を支えて行かなくてはならないと感じます。






2019/06/18 9:18:43

『あじさい祭り開催中!』

四国中央市新宮町では現在『あじさい祭り』が開催されております。このあじさい祭り、今年で30周年!約4haに広がる約2万株のあじさいは、地元の方が丹精を込めて手入れをされておりますので、見ごたえは十分ですよ。
 23日(日)まで開催されており、地元で採れた野菜やお茶の即売や、軽食の販売おされておりますので、皆様お気軽にお出かけ下さい。






会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(1)5461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17号
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ