2019/08/07 9:30:41

「空き家」を減災に活かす。

近年豪雨や地震による大規模災害が相次いでおります。その都度被災者の方々には「仮設住宅」を提供される訳ですが、自治体によっては空き家を市が借り上げ、被災された方々に対して、無償で提供しているところも有るようです。
現令和防災研究所所長をされている、青山氏は『空き家を見なし仮設住宅として、もっと活用すべきだ。』と仰っておられます。その地域にある空き家で生活をされる中で、既存コミュニティに溶け込む事ができ、そのコミュニティから目に見えないものも含めた、生活支援を得ることが出来、被災者の孤独死さえ防げるのではと書かれております。
昨年豪雨災害で被災地となった広島県、岡山県、愛媛県などでは、積極的に空き家を「被災仮設住宅」として活用されております。まだまだ使えるだろう空き家、この先徐々に増えて行くでしょう。行政と地元が力を合わせて『空き家』のデータについて、逐次情報共有する事が望ましく思いますね。






会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(1)5461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17号
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ