2023/03/31 8:44:01

『チャットGPTが国政を動かしてしまいそうですが・・・』

 29日の衆院内閣委員会で野党の方から、対話型の自動応答ソフト「チャットGPT」で作成した質問を、岸田文雄首相に投げかけるという一幕がございました。そもそもチャットGPTは、過去の出来事だけをニュースソースとしておりますので、その使用するチャットGPTソフトのバージョンが古いものですと、GPTから打ち出される回答文章はかなり不完全で信憑性に掛けるものとなる訳だと思われます。
 私の把握している情報ですと、氏の使用しているソフトは‘21年度以前の古いバージョンの物と書かれておりましたので、その解答を鵜吞みにして国会質疑に利用する事は誠に失礼とは思います。だた、捉え方によって「私はチャットGPTに頼らなければ、この場所での質疑をする事が出来ません。」と言うニュアンスをくみ取れそうですよね。言い換えればその議員は存在価値が無く、チャットGPTをその席に置いて置けばそれで良かったとも思われがちですね。
 昔から「一寸先は闇」「五里霧中」などと言われますように、今後何が起こるのか予測不可能な国の政策を論じる中で、AI等に知恵を借らなければならないような政治家の方がいらっしゃる事に、少しながら違和感を覚えました。内閣総理大臣と言う立場の方にするこの質疑の在り方、はなはだ失礼な行為ではないでしょうかね。
 チャットGPTは、投げかける質問の内容次第で、如何な答えも導き出せる一つの“道具“なのですから、そのような物に安易に乗っかってしまうのは非常にナンセンスでしょう。
 そこでチャットGPTに次の質問を投げかけて見ました。
「チャットGPTの回答をそのまま国会での質疑に利用する議員についてどう考える?」
 チャットGPTの回答は、『大量のテキストデータを学習し、自然言語処理に基づいて文章を生成するAIモデルです。ただし、回答は自動生成されたものであり、人間が書いた文章と異なる場合があります。そのため、回答を国会での質疑にそのまま利用することは適切ではないと考えます。国会での質疑は、法律や政策に関する重要な問題が取り扱われる場であり、正確かつ明確な情報が求められます。チャットGPTの回答は、文脈によっては誤解を招く可能性があり、重要な決定を下す上での参考にはなり得ません。また、国会議員は、有権者に対して自分自身の考えや見解を示す責任があります。チャットGPTの回答を使用することは、議員の信頼性に影響を与える可能性があるため、避けるべきです。したがって、国会での質疑においては、チャットGPTの回答をそのまま利用するのではなく、正確な情報を提供するために専門家の意見や資料を参考にすることが望ましいと考えます。』との内容でした。
あくまでも参考に使うべきで、国の政策を議論する場所で面白おかしく引用する事を受け打入れるような事は、どうかお控え頂ければと思った次第です。





2023/03/30 8:57:29

『美味しいラーメンが食べたい今日この頃。』


 今朝は何故か朝からお腹がすき過ぎて、事務所までの通り道に有るうどん屋さんに駆け込みました。かけの小を頼み、かやくを適量入れて、熱々の出汁と共にうどんをすする。その瞬間脳のスイッチがようやく入った感覚になります。
 私が京都に居た頃、もと同僚の田中さんが始めた『珍遊』と言う、一条寺に有るラーメン店に良く行っておりましたね、その界隈にはいろいろなラーメン店がひしめいており、夕方の時間帯ともなれば行列が出来る程、どのお店も忙しくされている訳で、そう言った環境に染まっていたこの私、四国に戻って来てからは非常に寂しい思いをした物です。
 そう、四国(香川県寄り)はうどん屋さんが多く、ラーメン店は数える程でしたので、休みの度にどこかに美味しいラーメン店が無いか、概ね100q圏内のお店を食べまわった時期が有りました。結局は知人のしている珍遊に優るラーメンには出会う事が出来ず、がっかりした訳です。
 仕方なくうどん店の美味しいお店探しをしておりましたが、隣県の香川県に行くと、アレですねほぼ似たような感じで、それなら近くで良いかと、あきらめている次第です。ただ、勿論うどんのコシやのど越し、天ぷら等の仕上がり感に関しては、若干の違いは有る所でしょうが。そういう意味合いでは今朝お邪魔させて頂いた「まいど」さんのうどんはコシも麺の照りも出汁も良い感じでしたね、カケ小で320円は納得の値段でした。
 つい最近、近所に『二郎系ラーメン』と言われるラーメン店がオープンいたしましたので、物は試しと食べて来ました。残念ながら私には向かない系統のラーメンでしたすね。チャーシューがデカすぎて嚙み切れない程の分厚さ、もやしもこれでもかって言うくらい乗っけられておりましたので、歳と共に胃袋が小さくなって来た私にすれば、そのもやしとチャーシューだけでお腹が一杯になった訳です。一言申し上げますと、あのチャーシュー、もう少し煮込んで味を染み込ませていて欲しい気がしましたが、あれが二郎系なんでしょうか?大変申し訳ございませんが、もう二度と暖簾をくぐる事は無いかと思います。すみません。
 いつだったか京都の親友を訪ねた時に連れて行ってもらった西院の『神来』と言うラーメン店は、鶏ガラ豚骨醤油ベースに背油プラスネギと言う、オーソドックスな食べなれた味でしたので、食べ甲斐が有りましたね。本日の昼食は取りあえずオーソドックスなラーメンにさせて頂く予定です。





2023/03/29 11:52:41

『メタバースの世界に翻弄されそうですね。』

最近FacebookがMetaと呼び名を変えてから特に、『メタバースという言葉を耳にする事が多いですね。映画の世界でよく見られるメタバースのイメージを把握出来るものでは、私も見た事が有る「竜とそばかすの姫」、そして「マトリックス」などでしょうか。どちらも非現実な世界に入り込み、その空間の住人となって、色々な体験をする事が可能となり、見ている私も現実と仮想空間の判断がし辛くなくなっていましたね。
 また、メタバースと呼ばれるものには、任天堂の「あつまれどうぶつの森」がそれにあてはまるのではないでしょうか。メタバースでは、ビデオ通話や音声通話だけでなく、仮想空間の世界をコミュニケーションの場所とすることで、よりバーチャル空間をリアルに感じられるようになります。
 VRゴーグルを装着し、仮想空間で人が集まって仕事ができるシステムHorizon Workroomsは、VR空間に最大16人の人が集まれるスペースを体感できるそうです。作られるバーチャルルームはレイアウト(背景や設備等)を自由に変えることができ、コントローラーを利用しながら、ホワイトボードを使ったディスカッションやプレゼンなど仕事で使える環境を、バーチャルで構築可能になって来ている訳です。Horizon Workroomsでの打ち合わせは、実際のビデオ会議よりよりリアルな会議になると書かれておりますね。気になる方はサイトを訪問されて見ては如何でしょう。
 メタバースの世界では、仮想空間のアバターを身につけ、クラブで踊ったり、デジタル不動産を購入する事も可能と言われます。例えばメタバースの環境下で身代わりとなる「アバター」を、本人とは違った筋肉質の体形とする事で、現実空間での人が、その本人の限界を超えた物体を持ち上げられる事も、実際に体験された方もいるようです。今後様々なシーンでこのメタバースな環境に身を委ねて、これまでの常識を超えた体験が可能となりそうです。仕事やゲームなどなど、様々な形で仮想空間の中で生活をして行く事は、これまでの常識を打ち破って、10%程度しか使われてないと言われている『脳』が覚醒し可能性の幅が広がって行く気が致します。昭和生まれの私にとって、今後まだまだ進化して行くであろう技術は、死ぬに死ねない期待があふれて居る気がいたしますね。






会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(2)0005461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17アロエビル1F
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ