2023/09/30 8:20:23

『中秋の名月・そして黒猫のお話し』


 


昨日の夕方、いつものようにウォーキングをしておりましたら、とある地主の旦那さんが庭をウロウロされておりました。こんな時間に何をされておられるのかとお声がけをさせて頂きますと「でたなぁ〜!」と、私は「えっ?」と返事をさせて頂いた所「月!」とご主人。あっ!と想い振り返ると法皇山脈の峰ぎりぎりに満月が神々しく輝いております。思わず私「あ〜、今日は中秋の名月ですね!」と、ご主人と二人腕を組んでその名月を眺めた次第です。
 別れ際に「明日はよろしくお願いします。」と挨拶をしその場を立ち去りました。そうなんです、今日はその方が所有されている土地の売買契約を交わす日だった訳でした。
 そのお宅には黒猫を二匹飼われております。奥さんが保護した猫を現在ご自宅で飼われておりますが、我が家にも同じ黒猫を二匹飼っており、以前猫の話で盛り上がった事がございます。
 我が家の猫は娘が別々な場所で別々な日に保護した猫で、なんでしょうしつけが要らない猫達ですね。保護した時にはトイレのしつけとか、猫特有の爪とぎ等の習性が気になって居たのですが、飼ってみますと全く心配がない、賢い猫達でしたね。爪とぎはそれ用の器具でしか研がず、トイレも猫用のトイレでしっかりしてくれるので、後はエサさえ気を付けて居ればそれ以上手間のかからない猫です。
 昨日の朝、私は夢を見ておりました。なんの夢かはっきり覚えてないのですが、夢に現れたのはその黒猫だったのです。その黒猫の顔がドアップで私の顔に近づいた時に目が覚めた訳でした。夢、あの夢はなんやったんだろ?と、好奇心も有って検索してみますと、黒猫の夢は縁起が良く、何か良い事に巡り合う兆しだと書いてましたね。へぇ〜そうなんやと、何の疑いも無くそれを信じ、その何か良い事とは何だろうと、期待させて頂いておりますが。
 添付の写真は昨晩ご主人お別れした後、歩道橋の上からHITO病院方向にスマートフォンを向け撮ったものです。人と月、何やら切っても切れない所縁が有る関係ですね。さて、本日も頑張ってまいりましょう!





2023/09/29 9:14:22

『さぁ、まもなく秋の地方祭が始ります。』

 本日、日本時間4:00から始まった、ラグビーW杯フランス大会での日本対サモア戦、姫野選手のジャッカルが見事成功し、それを機にモールでごり押しする中、姫野選手が見事トライ!リーチ選手もトライ! 何とか競り勝ちました。これでプールD組では暫定2位となった日本、10月8日のアルゼンチン戦でも、この勢いのまま勝ち進んで行く事を信じております。
 さて今年も残すところ後96日と成りました、60歳をとうに過ぎてしまった私にとってこの9ヶ月はあっと言う間でしたね。何でしょうか、中々終息を見せないコロナ禍で、新聞紙面やWebニュースでも景気の良いお話しも無いまま、建設業界も製造業界もしかり販売業の方々全ての方々が、何とかやり抜いて来られたのではないでしょうかね。勿論不動産業界も一部の地域を除くと四苦八苦して来た所なのではないでしょうかね。
 そんな中、街中ですれ違う人々のマスク姿がかなり減って来たと感じますので、終息はしなくとも、じわじわと落ち着きを見せて来るのでしょうか。私達の仕事では土地売買等の契約時において、先ず11項に渡る重要事項説明書を読み上げます。それが済みますと売買契約書を読み上げる訳で、コロナウイルスが周知されマスク着用が必須となった当初、慣れないマスク越しでしゃべる事が物凄く辛かったですね。通常の会話時より少し声を張りますから、途中で息苦しくなった事が何度もございました。また、二度ほど横浜や大阪に出向いて契約を交わす用事が有った時などは、飛行機の搭乗時、また電車に乗車する時等、どの場所に居てもなるべく他人が触りそうな部分には直接手を振れない様、かなり神経を使っていたのを思い出します。
 自宅に戻ったら身に着けていた衣服全てをすぐに洗濯機に放り込んだ事も有りましたね。ほんと未知のウイルスでしたから、小心者の私にはこの数年間は毎日がドキドキものでした。そう思いますと今現在、飲食店に設置された樹脂のパネルも取り払われ、座席に貼られた「感染予防のため、席を開けてお座り下さい。」等と書かれたメッセージも見なくなりましたから、随分と落ち着いて来たと言うところでしょう。
 もちろんまだまだ気を抜けない部分もございますが、まもなく秋の地方祭りが開催されます。うちの事務所にも地域の担当されている方から頂いた、秋祭りのポスターを貼らせて頂いております。地元の皆さま、これまで蓄積して来られたウップンを晴らすためにも、賑やかなお祭りシーズンを過ごしましょう!





2023/09/28 9:16:46

『10月、移住に関連したイベントを2つご紹介致します。』

 


 


 本日は来月開催される移住関連のイベントを2つご案内致します。まずは、10月9日の10時から14時15分まで、イオンモール今治新都市きらめきコートで、愛媛県が主催する「えひめ狩猟フェスティバル2023」です。
 現在野生鳥獣による被害が深刻化する一方、狩猟の担い手の減少や高齢化が懸念される中、狩猟をテーマとしたシンポジウムを開催し、狩猟の「深い」楽しみについての講演や、若手ハンターらとのパネルディスカッションなどにより、「狩猟の魅力」についてご紹介が有ります。そのうちのお一人は元々四国中央市新宮町で地域おこし協力隊として活動されていた、青木さんも出演されます。協力隊の任期を終えた後も新宮町を拠点として様々な活動をされている中、狩猟免許を取得され今も罠仕掛けによる狩猟をされております。
当日は狩猟を疑似体験できるハンティングシミュレーションや、おいしいジビエ料理の販売、親子でも楽しめるクイズラリーや射的コーナーもありますので、みんなで狩猟の魅力を楽しまれては如何でしょうか。
なおシンポジウムは事前申し込みが必要との事ですので詳しくは、
南海放送イベントプロモーション部TEL:089-915-0909までお問合せ下さい。
もう一つは10月15日13時〜14時30分まで、大阪のふるさと暮らし情報センターにて開催される「地方移住って本当に良いの?〜ほどよく田舎暮らし編」です。これは四国中央市富郷町に移住し、ちょうどいい暮らしを楽しまれている菊池さんをゲストにお迎えします。移住するための準備のポイントや、地域での役割、その地域ならではの仕事などについてざっくばらんなお話しをお聞きする事が出来ます。菊池 睦 さんは6年ほど前、地域おこし協力隊として東京都から四国中央市富郷地区へ移住され、任期満了後は会社勤めの傍ら、協力隊の任務を引き継ぎつつ発展された「合同会社ひととせ」を設立し、ときおり地域商店やキッチンカーを営業もされております。えひめ暮らしネットワーク事務局、フリーランスライターとしての仕事のほか、地域の人と協力した特産品開発やブランディング、地域の細々した手伝いごともするなど、地域に未着したお仕事をしながら生計を立てておられます。
開催場所は大阪市中央区本町橋2-31シティプラザ大阪内4Fで、参加費用は無料ですが、これも事前に予約が必要となります。申込期限が10月13日(金)までとなりますのでお気を付けください。定員は20名程度との事です。お問い合わせ先は、
愛媛ふるさと暮らし応援センター 大阪窓口
Mail:iju-ehime@crie.co.jp TEL0120-461-406
営業日:火〜土曜日 9:00〜18:00(※祝日除く)
との事で、今回ご紹介させて頂いたイベントに出演される青木さんも菊池さんも首都圏からの移住をされ、現在は里山暮らしを堪能されておりますので、移住にご興味が御座いましたら、この機会に是非参加されて見ては如何でしょうか。都市部から地方へ移住をされた方のリアルな体験談、ちょっと聞いてみませんか?






会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(2)0005461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17アロエビル1F
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ