2023/10/31 8:53:34

『和風な中華料理が大好きです、天津飯にジンギスカン!』


 四国中央市に有る中華料理店の中で、天津飯が美味しいと思うお店は私が知り得る範囲では川之江に有る「延寿園」か、三島にある「味源」。写真は味源さんの天津飯です。
 味源さんの天津飯は¥700で、延寿園さんより¥50安ですので、天津飯を食べたいときは味源さんに食べに行きます。それぞれに独特な味わいが有って食べ応えが有る所でしょうか。ご飯の上に乗る卵のフワフワ感は味源さんの方が良い所が好きですね。量的には延寿園さんの方が適量なのですが、どちらも美味しさには変わりがない所です。
 中華料理、私が京都に居た頃は一週間のうち半分は王将でしたね。その王将、店舗によってはメニューが微妙に違っており、特に「ジンギスカン」が好きな私はそのジンギスカンを出す店を探してたものです。
 ジンギスカンを提供している店舗は数が減って来ており、京都では王将の発祥地、四条大宮の店舗がまだやっていると思います。後は寝屋川と何処だったか阪神野田駅界隈に行った時も有った記憶が有りますが、ちょっと忘れましたね。ああそれから単品では出してないのですが、南インター近くに有る上鳥羽店では最近まで定食として提供していた筈です。
 王将、ここ四国中央市には無いので二度程京都の本部に連絡をさせて頂き、出店をお願いしましたが、担当者曰く「昔痛い目に有ったので、そちらでの出店は考えて無いんです。」との返事が。痛い眼?何のことやら理解に苦しむ所ですね。
 王将好きな私、松山へ行くとき若しくは高松方面、そして高知に行ったら必ずと言って良いほど、王将に立ち寄りますが、やっぱりジンギスカンはメニューに欲しい所では有ります。まぁ、何れに致しましても庶民的な中華は好きですね。
 本場中国や香港などで中華を食べた事も有りますが、使われる香料や香辛料の癖が強すぎて、中々馴染めない味付けだと感じます。そう考えますと日本人に向けて味付けされた料理は、独特の味わいなのかも知れませんね。皆様もご存知の通り、ジンギスカンも天津飯も発祥は日本ですし、焼き餃子なども日本ならではの食べ方ですから、中華ではなく和華と言うべきなんでしょうか(笑)
 いつかまたジンギスカンをカウンター席で食べたい所です。





2023/10/30 9:23:11

『阪神か?阪急か?明日からの3戦、注目です!』

 日を挟んでのシーソーゲームとなってます、昨日はオリックスの快勝。私がまだ京都に居た頃は仰木さんが監督をされており、’96年19年ぶりの日本シリーズ優勝。その時はまだイチローが3年連続MVPを手にする勢いで、その人気は凄かったですね。私の義理の姉もイチローファンで、しょっちゅう「イチロー〜〜〜」って叫んでいたのを思い出します。
大阪で繰り広げられている日本シリーズ、地元大阪同士と言うことも有って、スタジアムの陣取りも左右真っ二つに分かれての応援合戦をされているそうですね。
 イチロー、あの方は打席に立っても守備をしていても何処か常人とは違ったオーラを感じましたね。バッターボックスに立ち、右手でバットを垂直に持ち、左手で袖を引き上げるポーズは、毎度の事ながらカッコいいと思っておりましたし、守備をしていてもノーバウンドでホームベースへの返球の鋭さにも目を惹かれましたね。
 引退してからもインストラクターや打撃コーチとして球界を盛り上げているのが、また素晴らしいですね。生き方そのものがストイックだと感じます。
 日本シリーズ、今日は移動日でお休み、明日から3日間甲子園球場での対決となる訳ですが、この3日で勝負の行方が見えて来ますから、どちらも頑張って頂きたい所です。
 さて、どちらのチームが優勝を手にするのかは神のみぞ知る所ですが、インドの占星術師アビキャ・アナンド少年はどう見るでしょうか。彼が以前予言していた「10月28日から30日までの三日間に日本はかなり大きな地震に見舞われる可能性が有る。」との話しは、いよいよ今日がその最後の一日となりましたが、そちらも気にはなる所です。





2023/10/29 9:20:28

『大阪が賑やかですね!』

 プロ野球日本シリーズ、阪神タイガースとオリックス・バッファローズ、どちらも地元の電鉄会社、阪神VS阪急と言う訳で、大阪人にすればどちらも愛着の有るチームだと言う所でしょう。
 その大阪、2年後には大阪・関西万博が開催されるとの事で、私の知り合いも事前に飲食店の出店を計画されていると聞きました。参加国はなんと153カ国、その会場建設費に2,350億もの予算を投下し、半年間の開催を計画されているそうです。
 私はたまにインテックス大阪でのイベントに伺う事が有ります。万博会場はその手前の夢洲ですから、高速で丁度3時間程度の移動距離でしょうか、一泊二日で遊びに行ける範囲ではないでしょうかね。この展覧会テーマは『いのち輝く未来社会のデザイン』とされ、新たな社会課題や、AIやバイオテクノロジー等の科学技術の発展、その結果としての長寿命化といった変化に直面する中で、参加者一人一人に対し、自らにとって「幸福な生き方とは何か」を正面から問う、初めての万博なのだそうです。
 健康や医療をはじめ、カーボンニュートラルやデジタル化といった取組を体現していくとともに、参加する153カ国の叡智と最適な方法を関西地域に集約して行くのだそうです。もう一つ理解してないので何とも言えない所ですが、とめどなく進化を繰り返すAIやバイオテクノロジー、科学技術も医療技術も私達の想像をはるかに超えてしまっている現代、その進化の有様を自身の眼で確かめる事が出来るでしょうから、是非一度は訪ねて見たいと思いますね。何はともあれ予定通り開催が出来ます様、願うばかりです。






会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(2)0005461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17アロエビル1F
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ