2023/12/01 10:08:28

『12月です・師走は何かとせわしない気が致します。』


 いよいよ師走、カレンダーも最後の一枚となり、何かと忙しい一か月が始りますね。年賀状の手配をどうするのか、年内に処理を済ませておきたい仕事の段取りもしかり。国会では補正予算が成立したと言うニュースの後に、自民党のパーティー券云々が取りざたされているようで、なんか慌ただしい気が致します。
 岸田総理の支持率も20%を下回る勢いですから、永田町界隈は濃霧に包まれてしまうのではないかと心配になりますね。そんなこんなで「経済安定」を願ったりまた「世界平和」を願ったり、勿論自分自身の仕事の「商売繁盛」や「家内安全」を願いながら書き溜めた写経を懐に、朝早く当家の菩提寺で有る三角寺へ赴きました。
 73段ある急勾配の階段を急ぎ駆け上がり、山門の釣鐘を静かに打ち、納経箱に束ねた写経を納めさせて頂きました。賽銭箱に相応のお賽銭を納め、般若心経を唱えさせて頂いた次第。境内には何の桜か知りませんが、この寒空に耐えつつも淡いピンクの花びらを開いておりました。いつもながら感じる事ですが、お寺の境内に足を踏み込んだ瞬間、なんとなく心身が浄化されて行くような感覚を覚えます。
 昨日の新聞紙面では大阪・関西万博の前売りチケットが販売開始されたとの一面広告が目に飛び込んできましたね。通常の一日券が7,500円の所超早割で6,000円となりますから、4人家族の場合でしたら6,000円がお得と言う所ですね。開催は2025年4月13日で、この超早割券が購入できる最終期限は'24年10月6日と言う事ですので、私も買うとすればお盆過ぎに考えようかなと思う次第ですね。
 「夢洲」元々は大阪の浚渫土や建設残土、そして一般ごみの最終埋立処分地として出来上がった「人工島」ですから、地盤は軟弱だと言われております。その夢洲、元々は処分地だった土地に「テクノポート大阪」と言う6万人程度が居住出来る新都市構想が出るもバブル崩壊で頓挫、次の手と夏季オリンピックを誘致しようと頑張るも北京に取られ、大阪市民からは「負の遺産」とまで言われる様になっておりましたね。そこでそれを何とかしようと当時大阪市長をされていた橋下市長の提案で構想された、カジノなどを備えた総合リゾート計画が引き金となって、今回の関西・大阪万博が決定した感じでしょうか。
 紆余曲折とはまさにこの事を言うのでしょう。でも気になりませんか、埋め立てられた産廃やごみの行方。「臭い物には蓋をする」と言う悪しき習慣。悪事や醜聞、そして都合の悪い事が表面化しない様、裏工作を図りその場しのぎでその場をかいくぐり、後は知らぬ存ぜぬと言う有り方は、政治の世界では当たり前になっている事に疑問を感じてしまう今日この頃ですが、三角寺の境内に咲く桜、何知らぬ顔で微笑んでいたかも知れませんね。






会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(2)0005461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17アロエビル1F
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ