2023/09/11 9:16:18

『歳を重ねる度、この頃思う事・・・』

 一昨日はドイツで行われたサッカー親善試合で、日本代表がドイツに4−1で快勝されました。昨日フランスで行われたW杯では、日本VSチリ戦、前半に21−7・後半戦でも21−5と得点し、42−12で快勝!その、後半戦最後の残り僅か30秒位の時にディアンズ選手が見事トライを決めゴールキックが決まったた瞬間ノーサイド。
 いやいやハラハラしながら観戦しておりましたが、結果OK。双方の選手、皆さんが素晴らしいプレーを見せて頂けたと思います。また、私が感心したのがレフリーをされている方の洞察力の凄さでした。当たり前と言われればそれまでですが、良く見ているなぁ〜と思いますね。流石プロ。そんなこんなで良い誕生日プレゼントになりました。
 昨日の誕生日で64歳、この頃年を重ねる毎に思う事が有りますね。それは、「死」がドンドン忍び寄って来ている事で、先ず考えるのが最後に見るものは何だろう、白衣の医者か?それとも家族か?いやいやただただ天井を見つめているのか?と、そして、最後に耳にする音は何だろうか?とか、考えても仕方ないような事に思いを巡らしてしまう事も有ります。
 そう思うきっかけになったのは、父親と母親の二人ともが病院施設に数ヶ月お世話になっておりまして、息を引き取るまでの間、寝返りも出来なくなり只々時間の経過に身を任せている姿を見ていたからです。
 それからもう一つ思う事が、葬儀の在り方とお墓の事ですね。私的には戒名も葬儀も要らないかなと思っておりますし、お墓も要らないなと思います。出来ればどこかの海か川にでも捨てて貰っても良いくらいですね。コロナ前だったか京都の東寺近くで散髪屋をしている登山好きの兄と、散髪をして貰いながら喋っていた時、兄が「俺はどこかの山でノタレ死んでしもてもええなぁ、だから墓もエエわ!」と言っておりましたが、その時私も「ほんま、そう思うなぁ。」と言葉を返した事が有りますね。
 お墓、私は実家のお墓は毎月掃除をしに行く事をしておりますが、うちの嫁さんも娘もそういった事にはほぼほぼ無関心で、自ら進んで墓掃除等する事は無いだろうなと思っております。何でしょうかね、インドみたいに火葬した後はガンジス川に流すような葬儀スタイルが望ましいですね。
 なぜそんな事を考える様になったのかと申しますと、私の実家のお墓が有る墓所でも墓仕舞いをされている方が増えて来ております。また、お客様とお話ししていても墓仕舞いをして、永代供養にされたと言う方も沢山いらっしゃいます。残された家族の事など考えますと、それも一つの選択肢だと思いますが、皆様、どう思われておりますでしょうか。






コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(同)リサーチ・コア
カナ
リサーチ・コア
免許番号
愛媛県知事免許(2)0005461
代表者
三鍋 環
所在地
7990405
愛媛県四国中央市三島中央4丁目9番17アロエビル1F
TEL
代表:0896-22-4333
FAX
代表:0896-22-4332
営業時間
8:30〜17:30
定休日

祝祭日
最寄駅
JR予讃線伊予三島
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ