2019/02/18 8:59:30

元幕内・時津洋、死去

おはようございます。


スポーツ報知の記事で


大相撲元幕内・時津洋でちゃんこ店経営の吉岡宏典さんが14日に心不全のため亡くなったということでした。


49歳でした。


吉岡さんは、徳島県出身で“阿波の怪童”と呼ばれ、中学卒業後の1985年春場所で初土俵。最高位は東前頭4枚目で、幕内を19場所務めました。


日本相撲協会に準年寄として2年間在籍しその後、ちゃんこ屋さんを開業したとのことです。


現役時代の姿を知っているので早すぎる死だと思います。


お悔やみ申し上げます。





2019/02/17 9:13:51

藤井聡太七段、朝日杯2連覇達成

おはようございます。


第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント決勝が16日、東京都内で指され、前回優勝の藤井聡太七段(16)が渡辺明棋王(34)に128手で勝ち、連覇を達成。朝日杯の連覇は、14年から3連覇した羽生善治九段(48)以来、2人目の快挙となりました。


決勝の渡辺棋王は今期の勝率が8割超えで、20局以上の対局している棋士では勝率3位の現最強棋士とも言われる存在です。


藤井七段の今年度の公式戦成績は40勝7敗(勝率8割5分1厘)となった。


ちなみに1967年度に中原誠十六世名人(71)が記録した歴代最高勝率は8割5分4厘です、その更新にも望みをつなぎました。


朝日杯将棋オープン戦とは全棋士参加の一般棋戦で、持ち時間は各40分。八大タイトルには含まれない「一般棋戦」。


賞金の750万円の使い道には「ひとまず貯金してゆっくり考えたいと思います」とコメント。


まさに


天才。その一言に尽きますね。





2019/02/16 9:19:56

レオパレス融資実態一斉調査

おはようございます。


毎日新聞の記事の抜粋で、


賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京都中野区)の物件で施工不良が見つかった問題で、金融庁は物件所有者(オーナー)向けの融資が焦げ付く可能性がどの程度あるのかを把握するため、各金融機関を一斉調査する方針を固めたということです。


レオパレスは、オーナーから賃貸アパートの建築を受注し、完成後に一括で借り上げて転貸する「サブリース」を展開している。オーナーに対しては、空室でも一定の家賃収入を保証しており、毎月支払う家賃の総額は約250億円に上るという。


そのため、レオパレスは補修工事費用や募集保留期間中の空室賃料を補償するとしているが、募集を再開しても、信用失墜で入居者が集まらず、返済が滞りかねないと判断。


国交省の協力を得ながら、金融機関を通じて返済への影響を早期に見極めたいということのようです。


レオパレスが倒産でもしたら更に影響が出かねないので予断が許されない状態のようです。






会社概要

会社名
島津不動産
カナ
シマツフドウサン
免許番号
山形県知事免許(2)2399
代表者
島津 重男
所在地
9930053
山形県長井市中道1丁目4−55
TEL
代表:0238-88-5222
FAX
代表:0238-87-0717
営業時間
9:00〜18:00
定休日
正月3日、お盆3日 水曜日
最寄駅
フラワー長井線長井駅
徒歩5分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ