2011/04/27 14:32:36

風の余話

昨日朝10時頃、妻が自社アパートの除草と掃除に出掛けた。すると直ぐに「エアコンの室外機が1機無くなっている。設備屋さんが外しておくのか」と妻から電話有り。設備屋は工事終了しているはず。一応確認したが外してないとのこと。早速現地で確認。2機あるうちの下の1機が外され無くなっていた。盗難である。警察に連絡。直ぐに来ていただく。被害届を出す。物騒な世の中である。中古の室外機を盗んでも大きな金額儲かるとも思えないが?こんな田舎でも人心荒廃してしまっているのか?情けない。近所の交番が閉鎖になったのが影響したのか?






2011/04/25 16:40:30

風の余話

東日本大震災の後余震が続く日々である。震災後、無人の古家の瓦が落下し、危険なので解体して欲しいという依頼があったが、先日1棟終了。今日又、古家解体の見積もり依頼があった。現地見る。無人の物置代わりに使っている古民家。村の中にも無人の古民家が目につく。過疎化しているのを改めて実感した。


統一地方選挙も終了。高崎市も新人市長が登場。街造りに新しい視点、発想が期待される。


日本リアリズム写真集団「視点」公募展の発表が先日14日に有り。2次で敗退の連絡があった。残念。静岡の鈴木一記氏と今年は表彰式で「会えるとよいですね。」と言葉を交わしていたが、当方落選。しかし、先方は流石に常連の実力者。入選していた。


例年に向け頑張ろう。


延期になっていたJRP前橋支部写真展が6月1日から5日に前橋市の県生涯学習センターで開催することに決定した。再度準備を整えよう。






2011/04/23 8:59:30

風の余話

「一隅を照らすこれ即ち国の宝なり」伝教大師最澄の言葉で思い出す人がある。


毎朝、妻とコロスケで倉賀野緑地公園に散歩に出かけている。この公園の西北片隅に簡易トイレが設置されている。このトイレを毎週1回、ボランティアで掃除に来る人がいる。年のころ65歳前後のご婦人である。自転車で元気に挨拶を交わしながら、トイレ掃除に来ている。寒い冬も、暑い夏も休まず継続している。最初は公園の管理人かと思っていたがそうでもない。管理人は他にいる。


自宅のトイレは掃除はするが、公園の掃除は思いつかない。元気に明るく何気なく自然に公園のトイレ掃除をし、風のように来て、風のように去っていく姿は仏の化身のようにも見える。


卑小な我が身を反省し、自分も何か出来ることからしようと考えさせられる。






会社概要

会社名
(有)松原宅建事務所
免許番号
群馬県知事免許(6)5521
代表者
松原 勝次
所在地
3700852
群馬県高崎市中居町3丁目20−2
TEL
代表:027-352-0253
FAX
代表:027-352-0298
営業時間
08:00〜19:00
定休日
毎週水曜
年末年始
最寄駅
高崎線高崎
徒歩30分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ