2012/03/30 10:48:53

くま塩焼き??

 昨日、曽根崎新地(曾根崎神社の裏)に販売部の多田係長と同長井君と飲みに行ってました。


 ここのところ皆していこうかで電話すると、一杯で入れないことの多かったお店なんですが、昨日は3人という事も有、いけますよ、という事なんで久しぶりに言った店です。


 そのお店の本日のおすすめ的なお品書きにあったのが、”くまの塩焼き”なるものでした。


 この時期的に“ホタルイカのつくり、沖づけ” ”滑川の寒ブリ造り”“若竹煮”等々美味しそうなメニューの中にそれはありました。


 “くまの塩焼き”なにっ?とは一瞬ですが思いましたが、無かった事の様に他のおすすめを注文していました。


 その品書きに食いついたのは多田君です。


 “この、くまのしおやきって何ですか?”と私に聞いてきたのです。


 当人はどこか地方の魚の呼び名で、魚の塩焼き位のものを連想してたみたいです。


 私は私で、知ったかぶりするわけにもいかず、“大将に聞いてみたら”としか言えませんでした。


 結果は“くまですよっ!熊っ!うちのんはつきのわぐまですわ!”……唖然、読んで字のごとく・・・・。


 こうやって文字にして読んでいただいていると、当たり前の事やん、と思われるでしょうが、品書き見て、くまっ?と思った瞬間、熊は食材としてありえへん、と脳が勝手に判断してしまうものなんだと思います。


 次に来るのは、“美味しいの?臭み、くせは無いの?との質問攻めです。


 “美味しいですよっ!ほんまは造りで食べて頂く方がいいんですけどね。造りにしときます?話のネタにもなりますしねっ”に対し多田君は“食べていいですか?”貴重な食材だけに少し高かったためか聞いてきました。


 “どうぞ、たべときっ”と言ったのに対し、注文したのは、塩焼きでした。


 焼くと脂身がややしつこくなるとの事で、“レアでっ!”と注文してました。


 肝心要の味はというと、正直美味しかったです。


 どうやねん、と言われても、形容のしようがありません。


 くまは熊です。


 しいて言うならば、脂はややイノシシっぽい感じですかねぇ〜。


 3人だけで楽しんでもしょうがないんで、今月の〆切25日はそのお店で“くましゃぶ”という事で予約を入れて帰って来ました。






2012/03/29 16:19:32

レーヴ放出1号地・上棟しました

 昨日レーヴ放出1号地が無事上棟しました。


 価格もそれなり(2区画分)の金額になってしまいましたが、東南角地で非常に使いやすそうな2階建てのプランです。


 5月末には完成引き渡しの予定です。


 買主様と打ち合わせさせて頂き、確定しましたプラン通り確実に建築工事進めていきたいと思います。


 出来るならば私も1号地くらいの敷地面積に2階建ての家にしたかったなぁ、と羨ましく思っています。





2012/03/28 9:35:08

なめてんのか!東電

 みなさんお感じの事ですし不愉快になるんで、ほんまはこの話題には触れたくないのですが、言わずにいられないんで、一言だけ、、。


 今回の東日本大震災における原発問題の全ての責任が東電にあるとまでは、未曾有の災害であったという事を踏まえて言いません。


 国の責任大で、だからこそ最終的には国民の負担となる税金までもが投入されていますし、今後の追加支援もせざるおえないのでしょう。


 しかし、当事者である東電から昨日の様な無神経極まりない発言が許されるはずがありません。


 同列で論じる訳にはいきませんが、今の国の社会保障と税の一体改革と一緒で国民はその前にやるべきことがあるだろう、その上でならば消費税アップも飲まざるおえないという覚悟を国民は持っているのです。


 東電は確かに役員報酬の50パーセントカットは打ち出しました。


 これで消費者が納得するとでも思っているのでしょうか。


 東電の役員の平均報酬額は約3700万円その50パーセントカットと言っても1850万円ですよ。


 未曾有とはいえ、東電はその当事者ですよ!東北電力の女川原発では15メートルの津波を想定して対策してたからこそ無事だったのでしょう。


 流石にゼロにしろとまでは言いませんが、一応のめどが立つまでは80%カット位の宣言をするのが、最低限の責任の取り方ではないでしょうか。


 現実問題としては、放射能をまき散らしてる犯罪企業ですし、経営的には破たんしてる企業です。


 さらに全社員に対し、給与カットし、関連企業を売却、随意契約をやめ、韓国の様により安いシュールガス等への発電燃料の切り替えをやれば10年間で3兆円超のコストカットになるとの試算もあります。


 とすれば、年間3000万円の費用が浮くという計算で、東電の売上5兆1463億円から見ても、17パーセントの値上げは不要でしょう。


 全て一足飛びに出来るなぞとは言ってません。


 それ位の責任の認識と覚悟を問うているのです。


 その上で、昨日のあの発言が出来るものなのでしょうか。


 私たち関西に住むものも、東電だと他人事ではありません。


 全国で一番原発の発電比率が高いのは、関西電力です。


 前原発が停止した今夏は、値上げどころか深刻な電力不足が待ってます。


 今こそ真剣な討議が必要な時です。


 鳴りを潜めた関電の今後の対応が怖い!






会社概要

会社名
(株)ティー・シー・セカンド
免許番号
大阪府知事免許(4)47974
代表者
相良 政人
所在地
5300001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11−4−1002号大阪駅前第4ビル
TEL
代表:06-6348-0003
FAX
代表:06-6348-0004
営業時間
09:00〜18:00
定休日
下記のみ
年末年始・GW・お盆休み
最寄駅
御堂筋線梅田
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ