2014/07/31 9:36:42

営業社員大募集?

 大募集と銘打っても実際のところは、用地担当者1名、販売担当者1名計2名の募集です。


 とは申しましても、私の心意気といたしましては言葉通り、“大募集”です。


 その心は・・・・・・今回採用した方が多いに仕事をしてもらえるならば、当然に部門を新た作る事を想定しておりますし、以後望むならばグループとしての独立、いえ、それ以外の完全なる独立も応援することを想定してるからです。


 ということになるならば、当然部門新設において社員も新たに採用することになるでしょう。その以後につきましては言うまでもないことです。


 だ・か・ら・“大募集!”なのです。


 なんか変な小理屈こねくり回したようになってしまいましたが、私も今年で54歳になりました。


 現在の体制で十分とまでは言いませんが、やっていくだけの自負はあります。


 ただし、今がそうだとは申しませんが、人材は固定化すると、やや煮詰まりがちになるものです。


 そうなる前に、新しい人材を、、、さらにもう少し多くのお客様と接する機会を、、、、と思っての事です。


 委細は面談の上という事にしてください。


 私が直接面談させて頂きますので、よろしくお願いいたします。


 ☎06−6348−0003迄





2014/07/30 8:11:07

レーヴ南加賀屋案内

 販売の多田係長は基本火・水が社休日なんですが、昨日はレーヴ南加賀屋を見たいとの連絡が入ったみたいで、お昼すぎてから出勤し現地へと出て行きました。


 案内したお客様は上場企業にお勤めとかで、商品もご覧いただき、気にはいってもらったみたいです。


 十分にご検討いただくのも、生涯における一番大きな買い物の一つですから、大切な事ではありますが、地域性とか間取りが問題なければ、後は条件面等の判断です。


 現状において出せるはずのない条件で、レーヴ南加賀屋はご提供させて頂いております。


 早いもの順です(その通りなんですが)なんていう、カビの生えたようなセールストークは使いません。


 お盆過ぎには元の価格に戻そうと思います。


 それでも、他にはない条件の商品ですから。


 それより、次の商品の仕入れです。


 ここにこそ、当社の浮沈がかかっています。


 なんとしてでも、やり遂げていきたいと思います。





2014/07/28 11:49:35

権現山(ごんげんやま)

 田舎にある標高300M余りの山です。


 私がその山に登ったのは、小学3年生くらいの頃じゃぁなかったかと思います。


 兄貴や近所の中学生、小学生7,8人で8キロくらいの道のりを自転車で漕ぎ、志布志湾の傍にニョキッと盛り上がった様な権現山に登りました。


 名だたる名山と違い登山道と呼ばれるようなものはなく、雨水の流れた跡か石が崩れ落ちた跡かと見間違う様な山頂までの一直線の登り道でした。


 当然登山口などなく、ほとんど標高0Mのすそ野の草を分け入りそこへたどり着きました。


 たったの300Mとはいえ、石と言うよりは岩と言った方が正解の様な石がゴロゴロと転がっていて今にも崩れ落ちてくるのではと思う様な道でしたので、小学3年生の私にはほんとにしんどかったですし、大きな岩のところでは何度も手を引っ張り上げて貰いました。


 だからかもしれませんが、やっとの思いで頂上にたどり着いたときは本当に嬉しかったです。


 なにより、当時飛行機にも乗ったことが無かった私にとって、そこからの景色と言うか眺望は今まで経験した事の無いものでした。


 そこへ助けて貰いながらとはいえ、自分の足でたどり着いたという経験が、そこからの景色をより素晴らしいもに見せてくれたのだと思います。


 感激は別としてもカビの生えたような古い記憶をなんで今書いているのかと申しますと、【山女日記】著湊 かなえ を読んだからです。


 湊かなえというと、推理・ミステリーと思ってしまいますが、今回は“悩める7人の山女”が登山(1話はトレッキングですが)を通し、頂きを目指すなかで、新しい景色が小さな答えをくれる。そんな連作7話です。


 “山に登ってみよう!登りたい!”そんな気にさせてくれる心に浸みる7話でした。






会社概要

会社名
(株)ティー・シー・セカンド
免許番号
大阪府知事免許(4)47974
代表者
相良 政人
所在地
5300001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11−4−1002号大阪駅前第4ビル
TEL
代表:06-6348-0003
FAX
代表:06-6348-0004
営業時間
09:00〜18:00
定休日
下記のみ
年末年始・GW・お盆休み
最寄駅
御堂筋線梅田
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ