2020/08/31 13:55:59

新潟の美味しいお店紹介(第七回)〜タレカツ丼@ とんかつ政ちゃん〜


今回は、新潟のソウルフード、タレカツ丼を紹介したいと思います。



タレカツ丼は、揚げたてのとんかつを甘辛醤油ダレにさっとくぐらせ、熱々のご飯の上にそのまま乗せた、シンプルなカツ丼です。丼の具は、主役のとんかつのみ!といった、とんかつの美味しさを味わう丼です。



卵や玉ねぎの乗った、だし汁たっぷりのカツ丼も勿論美味しいですが、揚げたカツの、カリッとした食感を味わうならば、やっぱりタレカツ丼が一番です!


甘じょっぱいタレに浸かったカツは、噛めば衣のサクサクとした食感が味わえます。


赤身の豚肉はやや薄めで、その分柔らかく食べやすいです。




有名なタレカツ丼店の一つである、『とんかつ政ちゃん』http://masachan.co.jp/index.html)では、そんな新潟の美味しいタレカツをランチで楽しめます。



先日訪れた際は、お昼メニューの「特急かつ丼」を頼みました。名前の通り、注文してから届くまでの時間が特急です。測ってはいませんが、注文してから10分以内には届いていたと思います。



熱々のご飯の上に、カツが3枚。山盛りのキャベツ、味噌汁、漬け物、温泉卵がセットで付いています。



タレカツに使われている豚肉は、脂質の少ない赤身で、柔らかく食べやすい肉です。甘じょっぱいタレによく合います。


黄金色の衣は、味がよく染み込んでおり、サクサクとしていて、箸が進みます。



こちらのメニュー、一番安いランチセットなのですが、満腹感が凄いです。米に染みたタレカツのタレと、温泉卵の組み合わせは絶品ですが、小食の方はご飯の量を減らして貰った方がいいかもしれません。



次回は、もう一つのタレカツの名店、「とんかつ太郎」の方を紹介したいと思います。






2020/08/24 11:23:12

新潟の美味しいお店紹介(第六回)〜親しみやすい洋食屋さん〜


本日紹介するお店は、新潟市中央区西厩島町にあるイタリア料理屋さん「Ristorante Sasaki (リストランテ ササキ)」http://sasaki.e-niigata.biz/ristorante/)です。


金刀比羅神社のお隣にあります。



店構えは、外国の絵本に出てきそうな可愛らしい外観ですが、店員さんも明るく、親しみやすい庶民的な雰囲気のお店です。


店内には大きな振り子時計があり、可愛らしい飾りも多いイタリア料理屋らしい内装ですが、奥の方には畳のローテーブル席もあり、どことなく和洋折衷のイメージです。



今回は、ランチを頼みました。私は、日替わりメニューの、トマトソースのハンバーグステーキランチ、同行者は限定ランチのオムライスセットを注文しました。



ハンバーグは、丁寧に練られたどっしりとした食感です。甘酸っぱいトマトソースがよく合います。付け合わせのフライドポテトは、少し塩が濃い目ですが、カリカリとしていて美味しかったです。


オムライスは、ふわふわ卵に昔ながらのデミグラスソースの、家庭的なオムライス、といった雰囲気です。



ランチでは、サラダとドリンクの他に、パンかライスかを選べます。ライスを選ぶとスープの代わりに味噌汁が付いてきます。


面白いのが、同行者のオムライスにも味噌汁がついてきた点です。見た目は洋食らしい、定番のオムライスなのに、セットが味噌汁。そのちぐはぐさが、何とも親しみやすさを感じます。



料理には、特別奇抜な点はありませんが、どの料理もどこか優しい、イメージ通りの味が楽しめるお店です。


私はランチしか行っていませんが、店内の黒板には、色々な種類のワインや、お酒のすすみそうな肉や魚のメニューがずらりと並んでいます。スイーツもありました。


夜に行くと、また違った味や雰囲気が楽しめそうです。



コロナの影響で、どこのお店も客足が減っているかと思いますが、私がこちらのお店に行った時は、若いカップルから奥様達のグループ、昼休憩中の会社員らしき男性達など、老若男女になかなかの繁盛ぶりでした。


私がランチを食べている時に、常連さんらしい年配の方々が来られたのですが、店員さんとも楽し気に挨拶をしていて、和やかな雰囲気でした。



地元の人々から愛される、どこかホッとするような、懐かしい雰囲気のリストランテです。本日もご馳走様でした。







会社概要

会社名
(有)知松堂
カナ
ユ・チショウドウ
免許番号
新潟県知事免許(3)4930
代表者
時田 政宏
所在地
9518108
新潟県新潟市中央区中大畑町524−3
TEL
代表:025-378-2403
FAX
代表:025-378-2503
営業時間
9:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
JR信越本線新潟
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ