2011/02/23 22:25:32

223の日(富士山の日)の杓子山登山

まさか今日が「富士山の日」(2月23日)だとは、家に帰ってテレビのニュースで知りました。前々から登ろうと思っていた「杓子山 標高1598m」に初登りしてしまいました。平日のためかほとんど杓子山は貸し切り状態で、会った人はたった4名です。講釈はともかく、撮った写真を先ず見て下さい。


富士山を見るならここだ!


※写真はクリックで拡大できます。


223の日の富士山


左は山中湖


杓子山頂


登山途中で見た富士山の雄姿


日陰の道はアイスバーンとなっています


不動湯まで行けば2時間くらいで山頂に着けるので、比較的楽な登山道だと思いました。スタッドレスを履いていれば車でも(車両進入禁止の)ゲートまでは逝けると思います。そこからなら1時間20分で杓子山頂に到達できます。Pがありませんが。


山登りをしていると、時折、遠くの方から「ドーン、ドーン」という音がこだまして聞こえるのですが、最初は何かのお祭りで花火でも上げているのかと思いましたが、その後自衛隊の演習で大砲でも撃っているのかなあと思うようになりました。今でも何かは確定しておりませんが、どちらかというと、花火だったかもしれないと思っています。とにかく杓子山登頂の日は「富士山の日」だったのですから。


のれんのかかった富士急行下吉田駅


駅員さんはおばさんが一人だけみたいです。大変きれいな駅でした。


旅館 不動湯


ヤフーオークションで購入3900円送料込


旅館 不動湯 入浴料大人800円子供600円 素泊まり大人4000円 子供2500円です。外観はごらんのようにバラックのようですが、中はしゃれた感じで一度泊まってみたいと思いました。


不動湯まで路線バスはありませんが、5人以上泊まる人がいれば駅までマイクロバスで送迎してくれるそうです。駅から歩いたら1時間半ほどかかりました。


今日はAM3:55に起き、5:04の東松山始発電車で出発しました。意気込みが違います。富士急行線の「下吉田駅」から徒歩で「不動の湯」まで歩いて行き、そこから、杓子山登山が開始されました。道には積雪がアイスバーンとなっていましたので、ヤフーオークションで買った韓国製のアイゼンが役に立ちました。


行程 下吉田8:29  不動の湯10:00  杓子山山頂12:15でした。


因みに、「富士吉田駅」は7月1日から「富士山駅」と名称が変わるようです。






2011/02/16 15:46:35

武蔵丘陵森林公園 梅の花便り 白鷺も

年間パスポート購入後、今日で13回目の入園をしました。今日は先日の雪の影響で人が少ないと予想していたら、梅園には30人くらいの人が居て驚きました。既に寒梅は咲き始めてから1ヶ月近くなるため盛りを過ぎているように見受けましたが、また新しい花が咲き始めていたのでまだ1ヶ月くらいは梅花を楽しめると思いました。梅の花の下には福寿草が団体で咲いていました。       本日は21593歩815kcalです。


なんとはなしに聞いてしまった人の会話の中に「ここの梅は元気がない」という発言がありました。自然条件の変化や管理の不行き届きを言いたいらしいですが、既に寒梅の花は盛りを過ぎており止むを得ないと思いました。これから花の咲くしだれ梅の花はまだ元気いっぱいです。植木屋さんが定期的に手入れはしているらしいので、管理は行き届いていると思います。


八重冬至満開花見客もいっぱい団体の福寿草雪の中の福寿草


ツバキ園の開花状況ですが、もうほとんどのツバキが蕾を付けているので後2週間もすれば開花するのではないでしょうか。楽しみです、記念塔の周りには主に外国種のつばき(イギリス、アメリカ、中国等々)があるので、どんな花が咲くのか期待しています。



森林公園からの帰り道、川の土手の上を歩いていたら、50メートルくらい先に白鷺がいたのでこれの撮影に挑戦してみました。30メートルくらいに近づいたところで、逃げられてしまいました。その後も望遠でやってみたりと撮影を続けましたが満足の行く写真は撮れませんでした。動くものは難しいということを再認識した次第です。それでもなんとか姿はとらえることができたのでご覧下さい。


水に影の白鷺飛び立つ白鷺飛行中の白鷺


※白鷺は何れも小さくしか写っていないのでクリックにより拡大してご覧下さい。





コメント一覧

No.3065 なまえ usiodaさんのコメント 2011/02/16 20:04:02
コメント本文  
白鷺の姿発見! 飛んでいるところ見事キャッチ。

2011/02/08 8:22:24

杓子山から富士山を見たい

富士山の東側にある、標高1597mの杓子山から冬の富士山を眺めたいと思っています。眺望の角度、位地関係は下の図のようになるとイメージしています。



問題は、杓子山山頂へ至るルートですが、3通り考えています。いずれも日帰りを前提としています。


1.新宿より高速バスで忍野村役場まで行って登山口に至る。


2.同じく新宿より高速バスで忍野入口まで行き、徒歩で忍野八海経由で登山口に至る


3.富士吉田駅から路線バスで忍野村役場まで行って、登山口に至る。都合の良いバスがなければ駅から歩いても良い。1時間半くらいはかかると思うが。


どれにするかは、一番早い時刻に登山口に確実に到達する方法を選びたいと思います。東側から富士山を見るのでお昼過ぎると逆光で見えにくくなるからです。


高速バスは費用が安くて楽なのですが遅くて本数が少ないという難点があります。仕事の合間を縫って行くので予め予約していくという方法もとりにくいのが現状だからです。又、せっかく行っても晴れていなくては富士山が見られません。その点富士吉田まで電車で行って路線バスに乗るというのは路線バスの本数とルートが要研究です。既に積雪やアイスバーンに備え、6本爪のアイゼンも購入しました。ルートイメージは下記の通りです。



ついでに昨年大晦日に行ったときの富士山の写真を掲載します。これは自衛隊の東富士駐屯地のそばから撮ったものですが、杓子山からなら裾野がもっと広範囲に見渡せるものと期待しています。午前11時頃までに頂上に到達するのが第一の目標です。原則として公共交通を利用し徒歩で行きたいと考えています。費用の節約と安全、健康の維持増進が目的です







会社概要

会社名
藤和建設(株)
カナ
トウワケンセツカブシキカイシャ
免許番号
埼玉県知事免許(4)20183
代表者
中島 教夫
所在地
3500465
埼玉県入間郡毛呂山町岩井西3丁目5−6藤和マンション5
TEL
代表:049-295-6510
FAX
代表:049-295-6520
営業時間
11:00〜18:00
定休日
毎週火・水曜日・祝日
STAYHOME 臨時休業 5月1日より5月5日まで
最寄駅
東武鉄道越生線東毛呂
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ