2011/03/30 17:23:14

武蔵丘陵森林公園 近況 梅が終わり・・・次は・・・

森林公園へ14回目の入園を果たしました。入口のところで、年間パスポートに「期間延長12日」というシールを貼ってくれました。休園日が続いたからでしょう。なんとなくトクした気分になれました。


風が吹けば桶屋が儲かる


入園をする前に滑川のカインズホームに寄って自転車を物色してきました。店員さんに聞くと、自転車の値段が高めのものはすべて売り切れで、安い7000円台のものしか置いてないとのことでした。テレビや新聞で見てはいても目の当たりにするとナットクです。どうせ、せっかく大枚をはたいて買ったものも、いずれ、「のど元過ぎれば熱さを忘れる」で「飾り物」になって産業廃棄物になってしまうのでしょうが、せいぜい買った当初は健康管理上も良いので春の風を受けてサイクリングに励むとよいでしょう。


は終わり、の時期はまだ      今は菜の花、たんぽぽ、水仙桜はまだ みやびの広場


黄色いものが目立ちます。


梅林も既に花は咲き終わり、梅の木の下に水仙が咲き誇っていました。梅林入口梅と水仙


梅林を抜けて坂を200メートル位降りると、「ツバキ園」に着きます。


きれいなツバキの花をご覧下さい。


広東粉 カントンフェン 台湾広東粉インペレーターインペレーター


菊更紗玉霞三笠の月初嵐


赤無頼天が下


結構目の保養になりました。まだ「紅梅」(ツバキの名称です)などは咲いていませんでしたが、半分以上の花が開花しているように見受けました。外国種のものはまるで造花のように形が整っているように見えます。「これが本当にツバキかい。」といった感じです。


桜の開花は4月10日頃だと思います。






2011/03/26 13:02:41

尾瀬は大丈夫?原発放射能汚染!!

東北地方の人たちが苦難にあえいでいるとき、花見やハイキングの話など行楽関係はご法度かもしれないが、敢えて毎年行っている尾瀬が原発からどのくらいの距離にあるのか、調べてみました。といっても地図で見ただけですが。



政府が発表している指標が正しいとした場合、(現在30キロ圏外が安全とされているようです。)尾瀬は160キロの彼方にあり、ほぼ安全と思われます。しかし千葉のほうれんそうなど葉物野菜が危ないと言ったり、都内の水は乳幼児に飲ませるなと言ったりしているところからすると、この30キロという指標はあまりふてにはできないと考えます。アメリカ政府など外国政府が自国民に対して言っている言われる80キロが妥当ではないかと思います。テレビのニュースなどでは、風などの影響でかなり遠隔地に放射能汚染が及ぶこともあるようなので、遠くに居ても、雨が降ったら濡れないようにするとか、木の葉についている水にも触れないようにするとかの注意が必要でしょう。まして昨年の私のように、のどが渇いたからといって雪を食べるなどは避けるべきではないかと思います。


それと他に注意すべきは、地震の再来です。山登りをしていると、斜面に大きな岩がひっかかっているのをよく目にしますが、こういった岩がちょっとした地震で落ちてくる「落石の危険」





2011/03/23 21:02:29

川越中院の枝垂桜の開花状況  2011年最新情報

今日は、午前中賃貸の契約があり、その後午後から埼玉県庁で「埼玉県あんしん賃貸住宅等登録制度」説明会に参加する関係で、早朝家を出ました。途中GSの前を通ると車の列が出来ていたので、一番うしろに並びました。


満タン給油出来た!


開店はしていなかったようなので、電話をすると、今日はまもなく営業開始するということでしたので、給油して行くことにしました。結局営業開始まで15分それから給油開始まで15分と合計30分待ちましたが、満タン給油ができました。ガソリンも供給がようやく追いついたのだなと感じました。あぶらが無いと手も足も出ず、まるで「ダルマさん」状態でしたがこれで自由に動き回れそうだと思い安心した次第です。気持ちに余裕が出来たのでスタンドで車内を清掃して8時30分に会社に向かいました。


停電でパソコンの電源が作業中に切れた!


気がかりだったのは、よせばいいのに停電間近で昨日パソコンの最適化をやっている最中に停電が始まり、もしかするとパソコンが壊れたか、データが消失してしまっていないかということです。幸いなんともなかったので安心しましたが。


電車よりも自動車の方が確実!ただし燃料があれば


そこで午前中の契約後は、あてになりそうも無い東武越生線のダイヤが心配だったので、満タン給油した車で県庁へ向かいました。説明会の参加者は約100名でした。内容は外国人や高齢者への賃貸を促進するための枠組みをつくろうというものでした。


県庁からの帰り道川越市内を通過しているとき、中院の枝垂桜の開花状況が気になり立ち寄ることに致しました。このとき停電が始まっていたらしくほとんどの信号が消えていました。


枝垂桜の開花状況が気になった!


中院までの地図 拡大してご覧ください


いつも今頃、普通の桜に先がけて1週間くらい早く咲き出す中院の枝垂桜は今年はご覧のように蕾も小さいままでした。寒さのせいでしょか、今後の気温の上昇の具合にもよるのでしょうが、普通の桜の見ごろはこの状態では4月10日前後くらいになると予想しました。



川越中院枝垂桜


島崎藤村記念碑


中院は由緒のあるお寺です


川越中院は、島崎藤村ゆかりのお寺で石碑があります。裏には以下のように書かれていました。



拡大すれば読めます。    2回クリックするとよく読めます。


中院は由緒のあるお寺のようで、この石碑の右隣には大正天皇御手植えの松というのもあります。山門も立派です。境内には京都の雰囲気が漂います。


山門中院の由来






会社概要

会社名
藤和建設(株)
カナ
トウワケンセツカブシキカイシャ
免許番号
埼玉県知事免許(4)20183
代表者
中島 教夫
所在地
3500465
埼玉県入間郡毛呂山町岩井西3丁目5−6藤和マンション5
TEL
代表:049-295-6510
FAX
代表:049-295-6520
営業時間
11:00〜18:00
定休日
毎週火・水曜日・祝日
STAYHOME 臨時休業 5月1日より5月5日まで
最寄駅
東武鉄道越生線東毛呂
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ