2011/11/26 10:56:28

朝の散歩道

毎朝6時半にNHKの「ラジオ体操」の後、朝の散歩に出かけます。もともとダイエットが目的なのですが、余り時間もかけたくないので、エネルギー消費が多そうな階段のぼりをコースに入れることにしました。写真はクリックして拡大
 
更に、効率を良くするように、「パワーアンクル」各1Kgを両足に付け歩くことにしています。しかも階段のぼりは、1段飛ばしで登ります。こうすると、短時間で身体が汗ばんでくるのが分かります。
 
コース
自宅⇒松山中学校⇒松山第一小学校⇒東松山市役所総合会館
距離は、片道600m程度のものですが、階段のぼりと両足1キロずつのパワーアンクルの効果もあるので、歩数計の数字は4000歩ほどですが、6000歩くらいの効果はあるものと思います。 
因みに、階段は75段、これを5往復、のぼりは1段飛ばしで歩きます。かなり負荷がかかるためか、大腿四頭筋の筋力が強化され山登りが苦にならなくなりました。
朝の散歩は、生垣の花を見るのが楽しみのひとつです。きれいに手入れしている人には「表彰状」を差し上げたいと思います。
      
自宅の山茶花も咲き始めました。 バラもきれいです。

      
ここにも山茶花が咲いてます。  松山高校を左に見て南に進みます。


       
松山第一小学校          さくらなみき

松山幼稚園


      
東松山市役所            総合会館 手前の階段の昇降をします


高低差はせいぜい15m程度でしょうかね





2011/11/23 23:31:52

富士三景のひとつ 天下茶屋 

太宰治の小説「富嶽百景」の中に、標記の言葉がみられます。
昭和の初期、太宰治は新御坂(みさか)峠の天下茶屋に逗留して執筆を行っていたようで、登山道のかたわらに碑があります。


富士には 月見草が よく似合ふ
                     太宰治

11月23日(水)天下茶屋を午前9時半頃スタートし、急峻な登山道を東から西へ縦走しました。河口湖畔には午後3時半頃到着しました。

順路は次の通りです。 天下茶屋→御坂山(みさかやま)→御坂峠→黒岳(くろだけ)→破風山(はふうさん)→新道峠(しんどうとうげ)→河口湖畔 

その後河口湖生活館バス停よりバスで富士急行河口湖駅まで行き、帰路に着きました。

天候には恵まれたのですが、河口湖の北側に位置する峰々なので逆光と靄で写真ははっきりしませんが、少なくとも肉眼では富士の雄姿をしっかりと見とどけることができました。

当日最終歩数29654歩(歩数計)
天下茶屋からバス停までのコース(破風からバス停までの道は?です)

山を下る途中で見た別荘地の紅葉がきれいで印象的でした。


写真 ダブルクリックで最大となります


 
天下茶屋         「富士には月見草がよく似合ふ」


  
天下茶屋からの富士 これが富士三景の一つ?


 
尾根道を東から西へ 急峻な登山道を行く友人




途中で見た富士の雄姿 黒岳展望台よりの富士と河口湖


黒岳展望台        三度笠のような雲をかぶった富士
この後破風山へ向かいました





2011/11/17 22:30:18

東京スカイツリー ギネス認定の日

11月17日(木)「全日川越支部日帰り旅行」に参加しました。


行程 川越駅西口→築地場外市場→お台場(ホテルのレストランでバイキング)→国会議事堂→浅草寺→スカイツリー→帰路


偶然にも、同日「東京スカイツリー」が世界一高い塔としてのギネスの認定式があったとのニュースを後で知りました。


 
スカイツリーも見える   バイキングでいろんな料理
お台場のレストラン    を食べました。(ダイエット中ですが)


 
お菓子も一通り      東京タワー(バスの車内より)


 
国会議事堂見学     国会見学の御土産


 
浅草寺境内


 
境内からも見える     仲見世のにぎわい
スカイツリー


 
スカイツリーと金色・・・  仲見世からも見えます


 
一番近くで撮った写真  武蔵の国の634M吾妻橋より


 
金色うんこ ギネス?






会社概要

会社名
藤和建設(株)
カナ
トウワケンセツカブシキカイシャ
免許番号
埼玉県知事免許(4)20183
代表者
中島 教夫
所在地
3500465
埼玉県入間郡毛呂山町岩井西3丁目5−6藤和マンション5
TEL
代表:049-295-6510
FAX
代表:049-295-6520
営業時間
11:00〜18:00
定休日
毎週火・水曜日・祝日
STAYHOME 臨時休業 5月1日より5月5日まで
最寄駅
東武鉄道越生線東毛呂
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ