2012/01/26 15:31:26

山頂でも熱いコーヒーを飲みたい

前々より、山登りをしたときに、熱いコーヒーを飲みたいと思っていました。


昨年12月13日に杓子山へ登ったとき、宿から魔法瓶でお湯を持って行きましたが、今ひとつお湯がぬるくて、コーヒーがうまくなかったので、どうすればよいかと考えていたところ、ヤフーオークションで手ごろなのがあったので購入しました。
同じものが、ホームセンターでも売っていたのですがオークションのほうが送料を入れても100円ほど安かったので、オークションで購入しました。
(4080円)
 
箱の大きさ19×12×11センチ  ガスボンベ、コンロ、クッカーの3点セット
ガスライターは別売り105円(100円ショップにて)


これで、山頂でも熱いコーヒーが飲めることになりましたので、次回の山登りが楽しみとなりました。





2012/01/20 8:57:57

世論誘導のワナ? インターネットによる情報は信頼できるか?

昨今、業者による「食べログのやらせ投稿問題」がテレビのニュース等で話題になっているが、そもそも、「インターネットで得た情報」自体が、「本当なの?」という明確な意識が重要である。


先日、当社でアパートを契約した学生さんの中に、「インターネットに興味があります。インターネットではいろいろな情報が得られて便利なので、それを活用したいです。」という方がおられました。


確かに、インターネットは便利です。これを正しく使えば、時間と費用を節約して、いろいろな知識を得られます。
かく言う私も、例えば、水道の水漏れを直すにはどうしたら良いか、自動車の部品を交換するにはどんな手順でやったら良いかと思ったとき、インターネットによる情報に助けられています。


しかし、もともと情報というものは、その真贋を見抜く力が必要だと言われています。
この「真贋を見抜く」(情報がニセモノでないかを判断する)という基本さえ備えていれば、インターネットは大変便利です。


インターネットによる情報に興味のある方には前述の学生さんを含めて、この点を、よく考えて、これを利用すべきであると言いたいと思います。


「うその情報」の例としては、戦国時代に豊臣秀吉が「ラッパ」と呼ばれる間者を使い、敵の陣に「豊臣軍は5万の兵力で攻めてくるらしい。」などの情報を言いふらし、敵軍の戦意を喪失させるという様子が歴史小説の中に描かれています。
私の知り合いから直接聞いた例では、その人の家に「ある会社に大手の有力会社がてこ入れをする。そうするとその会社の株が上がります。」という手紙が届き、株を買ったら値上がりしたので、マンションの隣の奥さんにその話をしたら、その奥さんも買ったが、その株は、その後すぐに急落したので、自分が大損をしたばかりでなく、その隣の奥さんにも迷惑を掛けてしまった。とのことで「情報」には眉につばをつけてだまされないようにしようとこの時思ったものでした。

インターネットニュースに続く「コメント欄」も似たようなものだと、私は思っています。ニュース自体は、あまりウソは無いとは思いますが。


「コメント欄」はコメントを書くのを商売のようにしている人もいると思います。
なぜなら、コメントの前にあるIDをクリックすると、その人がコメントした件数や時刻、コメント内容がすべて閲覧できるのですが、それを見ると、件数が1300件とか、内容も「〇〇党は馬鹿ばかりだ。」とかいった極端な下品な書き方が多かったりします。
誰かに頼まれて「一方的な意見」を書き込み、世論を誘導しようとしているのではないかという意図も見えます。ただのコメント魔かもしれませんが。


一度クリックして見ることを、お勧めします。
「食べログ」のみならず、インターネットには世論誘導のワナが隠れていると、常に用心するべきだと思います。


ニュース自体も、物事の一面しか記載が無ければ、それが意図的か否かは別として、読者には誤った情報となってしまう危険もあることを再認識しなければなりません。





2012/01/16 9:12:39

龍の祭り 今年の開催予定

平成24年8月5日(日曜日)のようです。
4年に1回 辰年に行われるのは12年に1回 というチャンス(?)の年です。
8月の第一日曜日ということでしょうか。
出典は「鶴ヶ島観光」というサイトです。リンクを張りました。
鶴ヶ島市商工会のホームページには8月とだけ出ていました。恐らくお天気などの影響で変更になることも考慮しているのかもしれませんが、雨乞いをする前に雨が既に降っていたら、どうするんでしょうかね。
事前に、鶴ヶ島市役所等で確認してから行くべきでしょう。


せっかく雨乞いするんですから、かんかん照りの暑い日ならば最適ですね。
そして、祭りの後か翌日くらいに雨が降れば「万々歳」で祭りは大成功です。

そういえば、私が下の写真を撮った日も大変暑い日でした。その後直ちに雨が降ったか否かは、記憶にございません。


見ていない方は一度くらいは見ましょう。話の種くらいにはなります。


12年前の写真です。たしか、これが入賞作です。


ポジション争い
※本当は、雷電池(かんだちがいけ)のほとりでシャッターチャンスを待つのがベストなのですが、私が現地に到着したときには、カメラマンや観客が既に大勢居て、近づけなかったのです。良いポジションを取るなら、かなり早く行かねばなりません。
今年も12年に1回のチャンスですので、大勢の観客が予想されます。






会社概要

会社名
藤和建設(株)
カナ
トウワケンセツカブシキカイシャ
免許番号
埼玉県知事免許(4)20183
代表者
中島 教夫
所在地
3500465
埼玉県入間郡毛呂山町岩井西3丁目5−6藤和マンション5
TEL
代表:049-295-6510
FAX
代表:049-295-6520
営業時間
11:00〜18:00
定休日
毎週火・水曜日・祝日
STAYHOME 臨時休業 5月1日より5月5日まで
最寄駅
東武鉄道越生線東毛呂
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ