2017/07/27 6:18:56

いざ、尾瀬沼へ

初めて尾瀬沼に行ったのは13年前の8月でした。尾瀬ヶ原は同年の6月に行ったのですが、最初の入り口が鳩待峠は下りなのですが、大清水は長い登りなので大変です。
この時に同行した友人は、この経験が応えたのか、以来何度誘っても尾瀬への同行を拒み続けています。
長い上り坂がよほど大変だったのでしょう。
実は私もこの長い坂には閉口し、3年間は大清水口へは行っていません。
最近は慣れたのと筋力が付いてきたからでしょうか、そんなに苦にはなりませんが。でも大清水というと、緊張します。
しかし、朗報があります。最近は、大清水⇔一ノ瀬間にバスが運行するので大変楽になったとおもいます。


大清水から一ノ瀬へのバスの情報


2004年8月4日、今から13年前、初めて尾瀬沼へ行った時の写真をお見せします。
三平峠にて
尾瀬沼は燧ケ岳の麓にあります


今は無い焼失してしまった沼尻小屋


一ノ瀬辺りに黄色い花がいっぱい咲いていました。

尾瀬沼のほとりにはこんな花が咲いていた。




コメント一覧

No.13961 usiodaさんのコメント 2017/08/03 12:48:38
いやー懐かしいねー。燧ケ岳が見事!

2017/07/21 16:33:08

 図書館予約数 直木賞受賞作のその後

もうすぐ借りられそうです。私の予約した図書館Cでは、早くも借りた人が返却したようです。次の人も早く借りに来て、早く返却してくれれば、今月中には予想通り読めそうです。明日明後日は土日ですしね。



月の満ち欠け」の検索結果


7月20日           7月21日


図書館A  予約数18    32   増加


図書館B  予約数9     12   増加


図書館C  予約数4     3    減少



それにしても図書館Aはずいぶん増えたものです。受賞発表後に直ちに予約して良かったと思います。
図書館利用には地域性があるようですね。


因みに21日の川越市立図書館での予約数は88でした。3冊で回しているようですから3で割っても29です。人口の割には少ないかもしれませんが。Aは人口9万程度の市ですから。



ついでに、豊島区立図書館の数字は3冊で175、予約数58でさすがに都会は違うなと思いました。
この本1600円ですからコスパ的には借りた方が良いかもしれません。





2017/07/21 14:34:12

新宿末廣亭 林家正楽師匠 藤井4段の紙切り

昨日、新宿末廣亭に行ってきました。林家木久翁親子と林家正楽師匠の紙切りを主に見ようと思いました。


正楽師匠は、場内から「藤井4段!」という声がかかると、少し苦労したようですがものの見事に、藤井4段が将棋を指している場面を紙切りの妙技で表現しました。


藤井4段は髪型に特徴があり、それをよく表現していたと思います。考えようでは他はアバウトでも髪型さえ似ておれば、それなりに見えるということかもしれません。


他の出し物もそれなりに面白く、トリの柳亭市馬師匠の落語はさすが秀逸で千秋楽のトリのお役目は果たされたのではないでしょうか。


東京音楽大学大学院卒のノダユキさんのピアニカの演奏、特に2本のリコーダー(縦笛)を同時に使用しての演奏はハモッていて、なかなかいい仕事をしているなと印象でした。
又見たいと思います。






会社概要

会社名
藤和建設(株)
カナ
トウワケンセツカブシキカイシャ
免許番号
埼玉県知事免許(4)20183
代表者
中島 教夫
所在地
3500465
埼玉県入間郡毛呂山町岩井西3丁目5−6藤和マンション5
TEL
代表:049-295-6510
FAX
代表:049-295-6520
営業時間
11:00〜18:00
定休日
毎週火・水曜日・祝日
STAYHOME 臨時休業 5月1日より5月5日まで
最寄駅
東武鉄道越生線東毛呂
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ