2019/10/11 14:04:10

住まいの「広さ」と「理想の家具・荷物の量」

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。


本日は、について解説していきたいと思います。



先日、一般社団法人ホームステージング協会は、「快適空間比率」と「快適収納比率」を判定するプログラムの特許を出願しました。



・快適空間比率


「快適空間比率」とは、室内の容積に対する家具容積の比率と定義されています。
同協会では、この比率が25%以下であれば「快適」としています。



・快適収納比率


一方、「快適収納比率」とは、家具容積の80%以下を「快適」と定義しています。



これを超過する場合には、「移動」「保管」「廃棄」を提案しているようです。


もちろん、実際のお住まいの「間取り」、「天井の高さ」、「開口部の量」などにもよって、「快適さ」は異なると思いますが、こういった基準を数値化するという発想は面白いですね。


物件をご案内する際に、これまでは感覚で「収納が多い」とか「少ない」とかお伝えしていましたが、こうした基準で判定する方法もありかもしれません。


早速、我が家の快適さを計測してみようかと思いましたが、そもそもの「家具の容積を測る」、「収納の容積を測る」という部分で心が挫けてしまいました。。。



入居前であれば、荷物もなく収納の容積を測ることも可能かと思います。



物件を内見する場合には、収納の容積も一緒に測っておくというのも手かもしれません。


お住い探しの際には、色々な基準となる数値があります。



相場、広さ、駅距離、築年数など、場合によっては感覚で判断してはいけない、資産価値や減税に大きく影響する数字もあります。


お住い探しを始められたばかりの方は、ぜひ一度、お住い探しのプロにご相談いただければと思います。



ご不明点等がございましたら、


海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。


代表 諏訪信忠








2019/10/09 13:59:33

住んでみたい街!

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。


本日は、について解説していきたいと思います。



新築マンションポータルサイト「MAJOR7(メジャーセブン)」は2019年9月26日、「住んでみたい街アンケート(首都圏/関西)2019年」の結果を発表した。首都圏は「恵比寿」が5年連続の1位、関西圏は「西宮北口」が4年連続の1位に選ばれました。


首都圏の住んでみたい街1位の恵比寿、住んでみたい理由として、「交通の便がよい」、「おしゃれ」「高級感がある」などがあがりました。順位は以下の通りです。



1位 恵比寿
2位 品川(前年2位)
3位 目黒(前年4位)
4位 自由が丘(前年3位)
5位 吉祥寺(前年5位)
6位 二子玉川(前年6位)
7位 表参道(前年10位)
8位 横浜(前年7位)
9位 中目黒(前年8位)
10位 広尾(前年9位)
11位 東京(前年15位)
12位 代々木上原(前年12位)
13位 四ッ谷(前年11位)
14位 渋谷(前年16位)
15位 鎌倉(前年20位)
16位 代官山(前年圏外)
17位 武蔵小杉(前年17位)
18位 目白(前年圏外)
19位 豊洲(前年圏外)
20位 麻布十番(前年13位)


住んでみたい街に求められる要素は家族構成や世代によって重視する点は異なると思います



求められる要素とは



1.交通の利便性


・都市部は駅間が短い上にJR、私鉄、地下鉄など複数駅を利用できるケースが多く、駅から徒歩5〜10分くらいが交通利便性をはかるひとつの目安になります。


・近郊〜郊外の場合は駅間が長くなり、交通機関も限られてくるため、駅から徒歩10〜15分くらいが目安になります。



2.生活の利便性


毎日の買い物や、銀行・病院・学校などへのアクセスを重視する人もいれば、家族や友人と楽しく食事に使える飲食店や、余暇を過ごすのに適した公園やスポーツ・レジャー施設、図書館の有無を重視する事も考えられます。



3.居住快適性


居住快適性は、騒音や日当たりです



4.安全性


安全性には、日常生活での安全性と、災害時の安全性があります。



日常生活の安全性とは防犯性のことですが犯罪の有無や発生率だけでなく、商店街や街灯があるなど夜遅くても心配せずに歩ける環境か、終電や終バスが遅くまであるかなどもチェックしておきたいポイントです。


災害時の安全性は、地盤や建物の性能などです。地盤が安定しているエリアや、地震の揺れを抑えてくれる免震装置が備わっている建物を選ぶことで得ることができます。



5.資産性


資産性の高い住宅であれば、何らかの理由で転居することになった際、売却せずに賃貸に出し、収益物件として活用することもできます。



6.子育て環境


少子化対策として、子育て環境の整備がされていること。(託児施設など)



子供が走り回れる戸建てを購入予定している方は、街などさまざまな視点を総合して考えることが大事です。


子どもの教育環境(中高一貫校や、有名大学への進学率が高い学校に通いやすいエリア)


なにを重視するかで住む街が決まると思います。地方自治体の情報やハザードマップ、気になる街に出向き自分の目でいろいろ確かめてみるのも良いのではないでしょうか。



ご不明点等がございましたら、


海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。


代表 諏訪信忠






2019/10/08 18:44:13

マンション管理組合の役割と今後増えるであろう『住人経営マンション』とは?!

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。


本日は、住人経営マンションについて解説していきたいと思います。



■空き家が増える理由をご存知ですか?


マンション(区分所有の住宅)でも空き家が増えています。


2018年度のマンション総合調査(国土交通省)で空き家率は平均2.7%ですが、築45年を過ぎると約1割となり、20%を超えるマンションも約1割存在するようです。


比較的、築浅のマンションでも投資目的で購入され、約2割が空き家という事例があるようです。


また、空き家が増える要因としては投資目的のほか賃貸希望だけれど借り手がなかったり、相続放棄による所有者未確定など理由は様々です。


今後は、空き家が急増しますので、現段階での具体的な対策を考える事は急務のようです。


またマンションで空き家が発生してもあまり問題が発生しないのではないかと考える方もいますが、そんな事はありません。マンションは一見、ドア部分を見ると、住人が住んでいるのか、空き家になっているかは分かりません。


しかし、水道をつかわないと異臭が発生したり、住戸に立ち入っての点検や工事ができませんので、知らず知らずのうちに床や畳等は朽ちてしまいます。


また、管理費や修繕積立金が滞納がちとなり、所有者不明住戸の発生等にもつながってきます。結果、マンションのゴースト化にもつながってきます。



■空き家率のステージでマンションのゴースト化が進行する?!


管理上の課題は空き家率のステージで深刻さが異なるようであり、下記の段階で問題が深刻化していくようです。


ステージ1(空き家率10%未満):日常的にも長期的にも問題はさほど表面化せず、管理組合の対応次第で対処できる。


ステージ2(空き家率10%〜20%未満):日常的な管理組合の対応ではやや困難となり、長期的な展望も持ちにくくなる。


総会への出席率が低下し、理事会の開催にも影響が出る。


長期修繕計画の策定も滞り、積立金不足になりがちです。


ステージ3(空き家率20%〜50%未満):理事会や総会の開催といった運営管理がより困難となり、当然長期的な取り組みが難しくなります。


長期修繕計画を見直す体制が不十分となり、修繕積立金が足りるかどうかすら把握できない状態になりがちです。


管理の負のスパイラルに陥ることになる。


さらに空き家化が大幅に進みます。


ステージ4(空き家率50%〜)となると、エレベーターが止まり、ガス・電気・水道の供給にも支障が出るなど居住が困難となる例が見られます。



■今後増えていく可能性のある『住人経営マンション』とは?!


空き家の状態はマンションの築年数や立地だけで決まるわけではなく、管理の努力で異なります。


分譲マンションの管理は管理会社主導で運営されているケースが一般的ですが、最近は時間に余裕のあるシニア層が理事長となり、マンションの不具合を自主的に改善していくシーンが増えているようです。


また、最近では企業勤めの若い層が自ら理事長等に立候補し、『企業経営』などの視点をもって、マンションの資産価値に影響を及ぼしそうな課題を住人自らが考えていくようなマンションが増えているようです。


ホームページやSNSを活用した情報発信、ビジョンや戦略の策定、なかには複数のマンションで連携するような動きなどもあり、そのようなマンションを「住民経営マンション」といって、注目されるシーンも増えています。


マンション購入をご検討いただいている方は、検討されるマンションの資産価値を意識した管理や修繕を管理会社任せにするのではなく、自らが気に掛けていく事が重要な時代になってきました。


ぜひ、今後の住宅購入の参考にしていただければ幸いです。



ご不明点等がございましたら、


海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。


代表 諏訪信忠







会社概要

会社名
(有)トゥルース
カナ
ユウ)トゥルース
免許番号
神奈川県知事免許(1)29109
代表者
諏訪 信忠
所在地
2430419
神奈川県海老名市大谷北2丁目2−62
TEL
代表:046-292-2404
FAX
代表:046-205-3747
営業時間
09:00〜17:00
定休日
不定期
最寄駅
小田急小田原線海老名
徒歩15分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ