2014/06/30 9:43:11

広島へ行って来た〜原爆ドーム

宮島口から広島駅へと戻る。途中で睡魔と戦いながら、乗り過ごさないように目を見開いたまま広島駅に戻った。


そのまま駅前から路面電車(160円)で原爆ドームを目指す。この旅で三つ目の世界遺産であるが、これまでのはしゃぎぶりとは明らかに異なる場所である。



原爆ドームの周りには黄色い帽子を被った小学生たちや観光客、外国人が数多く訪れていた。この建物はそもそも大正4年(1915年)4月に広島県物産陳列館として建てられたものだったが、戦争が激化と共に、昭和19年(1944年)3月31日、館業務は廃止され、内務省中国四国土木出張所や広島県地方木材株式会社など、官公庁や統制組合の事務所に使用。そして昭和20年(1945年)8月6日に爆心地から北西約160メートルの至近距離で被爆し全焼。ただ爆風が上方からほとんど垂直に働いたため、本屋の中心部は奇跡的に倒壊を免れたとのこと。平成8年(1996年)12月に世界遺産登録された。



ドームのすぐ近くにある爆心地からそのまま平和記念公園へ移動。原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」刻まれている。その先には遠く原爆ドームが見える。



非常に重い気持ちのまま、再びドームを横目に相生通りまで戻り、市民球場跡地を見学した後、路面電車に乗り、広島駅まで戻った。そしてこの旅の最終目的地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を目指す。


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産





2014/06/29 9:53:26

広島へ行って来た〜宮島・厳島神社

最終日の広島は朝から本降りだった。


残念ながら私の晴れ男伝説もここで終了とばかりにホテルで傘と新しい湿布を調達し、チェックアウト後にこの三日間で初めて傘を差す。本日は宮島まで出掛け、この旅で二つ目の世界遺産である厳島神社へと向かう。ドラッグストアでサポーターを購入し、ふくらはぎを固定して山陽本線で宮島口駅を目指す。車内には外国人が続々と乗車し、人気の高さがうかがえる。約30分で宮島口駅に到着。駅からフェリー(180円)に乗り換える。行きはわざわざ大鳥居に最接近してくれる粋な航路になっており、海の中に立つ幻想的な鳥居が近づいて来る。(ちなみに航路から予想して進行方向右側に陣取った。これは軍艦島での経験が役立っている



わずか10分の乗船後、日本三景・宮島に上陸(ちなみに念の為、あとふたつは宮城県の松島、京都府の天橋立)。参道を抜けるとすぐに違う角度の大鳥居と同時に大勢の鹿が近づいてくる。



厳島神社はとにかく大きさが圧巻である。境内は一方通行で、この日も多くの観光客で賑わっていたが、混雑はなく快適にスムースに見学出来た。



厳島神社と大鳥居のツーショットはどの角度からでも格好良い。



そして宮島名物「焼き牡蠣」を注文する。本来「生牡蠣」が好きな私だがプリプリした焼き牡蠣もかなり美味しい。ついつい午前中からビールを飲みたくなるが、半袖しか持って来なかった私の体はこの雨ですっかり冷え切っていて、そのどころでは無かった。そしてその後、牡蠣うどんを食べたのだが、牡蠣が驚くほど入っており、当分牡蠣断ちしても大丈夫そうだ。フェリーも一時間に4便出港しているので、のんびりと散策を楽しんだ後、乗船して再び広島駅まで戻った。


あっ薦められた揚げもみじを食べるの忘れた





2014/06/28 9:45:44

広島へ行って来た〜お好み焼

ホテルで少し休憩しただけで足が奇跡的に回復する訳も無く、ホテルの小部屋で地元テレビをボーと眺めながら、これからの行動方法を考えていた。まあ〜歩けないなら、極力歩かない方法で移動すればいいだけじゃんと答えは簡潔である。とりあえず今夜の夕食を食べに繁華街を目指す。繁華街までそれほど遠くは無いものの、歩き切る自信はなく、タクシーでの移動を考えるがそれじゃ面白みに欠けるので、あれこれと調査した結果、ホテルから一番近いバス停を探し、乗車してみることにした(ちなみにホテルに置いてあった観光案内マップ「旨い!広島・宮島」は非常によく出来ていて役立った)。広島ではかなり高い確率でSuicaが利用出来たので、後乗り後払いシステムで乗車口でタッチしてみるもののエラー音が車内に響き渡る・・・ドライバーさん確認するとSuicaは使用出来ないとのこと。う〜んなかなか一筋縄ではいかんのね〜と思いながら八丁堀で下車。


夕食はもちろんお好焼きと決めていた。鉄板カウンターと個室があるお店で、平日にも関わらずかなり繁盛店のようである。カウンター席に着き、ビールを注文する。するとお通しで「小さなお好み焼」が目の前の鉄板に置かれる。何ともお洒落である。「尾道苦行」の後のビールは格別であった。座っていれば足の痛みはないので、上半身だけは至って健常者である。メインディッシュの前に「うにホーレン」なるメニューがおススメとのことで早速注文する。ホーレン草をバター焼きにして、ウニをパンに乗せて食べる。こりゃ〜美味い。ビールがさらに進む。



その他にも牡蠣のバター焼き他、色々と注文してしまい、メインのお好み焼が並ぶ頃にはすっかり満腹状態だったが、やはり本場のお好み焼きは美味しい。



ちなみにオタフクソースもこんな容器に入っていた。



そしてこの夜で広島三大名物「あなご(朝の駅弁)」「牡蠣」「お好み焼」をとりあえずクリアした満腹感と達成感のまま、お店を出ると雨はすっかり止んでいた。酔いと満腹感で少し痛みが麻痺していたので、足を引き摺りながらホテルへとゆっくり帰った。


遠くで風鈴が鳴っている・・・


広島最後の夜は何ともいい夜だったな〜そして早いもので明日は最終日である。楽しい時間はいつだって一瞬である。そうこなくっちゃ






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【5月の定休日】5月11日(火)・12日(水)・18日(火)・19日(水)・26日(水)
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ