2018/01/23 10:04:04

新幹線ぶらり途中下車の旅・後編

新山口駅前のホテルにチェックイン。この日はマフラー要らずの汗ばむ陽気だったので、ホテルで湯船にゆったりと浸かりながら、小部屋でひと休み。18時にロビーで同い年の元社員さんと約20年ぶりの再会。ふぐ屋さんに連れて行って貰い、先にふぐ刺しを用意して貰っていたものの、箸を持つこともなく、しばらくの間、ただただ話し、ただただ飲み続けいてた。ようやくふぐに手を付けたものの、すぐに会話に戻る。彼の終電時間までただただ飲んで笑って話して別れた。連日連夜楽しくて懐かしい宴が終わった。Yちゃん、また会えるね。きっと・・・






翌朝は8時前に新山口駅から山陽本線で防府(「ほうふ」と読む)駅へと地元の学生さんたちと一緒に乗車し、日本最初の天神様である防府天満宮を見学。



見学後、新山口駅まで戻り、10時前ののぞみで新大阪駅へと向かい、昼前に到着。後輩と待ち合わせし、お好み焼きを食べながら乾杯。ちなみに大阪のランチセットには「ご飯とお味噌汁」が付く。



彼女が東京を離れてからの2年弱の空白期間をお互いに報告し合った後、よしもと西梅田劇場で銀シャリの漫才他とよしもと新喜劇を最前列で鑑賞。私にとって新喜劇鑑賞は15年ぶりであった。



鑑賞後にまた飲み直して、18時30分の新幹線で東京に戻った。


予想はしていたもののそれをはるかに上回る楽しい三日間で、いつものひとり旅とは異なりたくさんの人とたくさん話すことが出来た。名所仏閣にはほとんど寄れなかったものの、また新しい旅の楽しみ方を見つけたような気がした。そしてやはり何事も「行動あるのみ」を強く胸に刻んだ三日間であった。


また新幹線の旅(特に東海道線)は頻繁に発車しているので時間に縛られない点と、何といっても喫煙ルールが完備されている点は実に素晴らしい。


【明日1/24(水)は当社定休日となります】


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産





2018/01/22 9:48:31

新幹線ぶらり途中下車の旅・前編

18時終業と共に急いで新小岩駅から快速電車に飛び乗り、18時20分東京駅発ののぞみに乗り込む。わずか1時間40分で名古屋駅到着。駅前のホテルにチェックインし、20時30分に元支社長と合流。約20年ぶりの再会である。手羽先をつまみつつ、忘れていた記憶まるで連想ゲームのようにひとつひとつ思い出しながら会話が弾む。短時間ではありましたが、Tさん有難うございました。次回は是非お勧めの料亭に連れて行って下さい。



翌朝Tさんから教わった喫茶店で名古屋名物のモーニングを楽しんだ後、8時36分発ののぞみに乗り込む。木曽川を越えると車窓から見える景色には雪が残っていた。11時前に広島駅到着し、広島のおじ様と約1年ぶりの再会。ねぎが皿からこぼれるほどの広島風お好み焼きをご馳走になる。もし4年前に知り合っていなければこの場は無かったんだな〜としみじみ不思議なご縁に感謝しつつ、わずか1時間余りでお別れし、新幹線で新岩国駅を目指す。Hさん、今秋は是非東京ドームでお待ちしています。もう何年も言い続けていますが・・・



わずかひと駅で新岩国駅へ到着し、タクシーで錦帯橋を目指す。世界に誇る木造橋の形状の美しさに惚れ惚れしながら、橋の手前から渡り切ってから上から下から横から何回も何回もシャッターを押す。また寛永15年(1638年)から始まったとされるウミウ(海鵜)もいつか見てみたいものである。



吉香公園を散策後、バスで新岩国駅まで戻り、わずか26分で新山口駅に到着した。(つづく)


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産





2018/01/21 10:17:05

映画:「湯を沸かすほどの熱い愛」

映画「湯を沸かすほどの熱い愛(2016年公開)」を観た。



【解説】『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢中になる。







今年本ブログに掲示して来た映画は実際昨年鑑賞したもので、本作品が私にとって2018年初鑑賞である。杉咲花を始め子供たちが実に好演で、サービスエリアでのパワーウインドーの上げ下げのやり取りや、








メールの表示方法、銭湯でのお葬式などユニークな映像が続く。



それぞれ複雑な家庭環境で育った登場人物たちとの交流は、実にほのぼのとしており、そしてラストシーンはなかなか斬新で、観終えてから改めてタイトルと重ね合わせ、ほのぼのシーンとのギャップについつい驚きつつも、妙な納得をしてしまった。なかなか素敵な良い作品であったが、やはり男やもめに何とやらで先立つのは男の方がいいなと改めて思った。


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【2月の定休日】2月1日(水)・7日(火)・8日(水)・14日(火)・15日(水)・21日(火)・22日(水)
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


12345

このページのトップへ