2018/02/26 9:52:05

宮古島にマイル

朝4時台に起床し、6時40分の宮古島空港行きのピンクのジンベイザメ機に乗り込む。



3時間余りで1843km先の気温20℃の南国に到着。沖縄本島から南西へ約300km離れた宮古島は私にとって史上最西端の場所である。半袖・半ズボンにビーサンに履き替え、空港近くの宮古そばのランチ(私はオリオンビール付き)を済ませ、まず最初に砂山ビーチへレンタカーを北へ走らせる。驚くほどのエメラルドグリーンと白い砂浜に驚く。



観光客もそれほど多くなく、プライベートビーチを楽しんだ後、車はさらに北へ進み、全長1425m池間大橋を渡る。ちなみに宮古島には3本も橋が繋がっている。



島尻マングローブ林を見学し、島一番の繁華街・西里大通りを散策し、我が家恒例の地元のスーパーを物色し、与那覇前浜ビーチに面するホテルに到着。途中から予報通り曇り空に変わり夕日が綺麗に沈んで・・・とはいかなかったがそれでも海は青い。バルコニーにてオリオンビールで乾杯し、ホテルで夕食(全員オリオンビール付き)を済ませて、部屋で平昌オリンピックを観ながら、ホテルのスタッフさんの「宮古島は驚くほど天候が変わる」の言葉を信じて夢の中・・・



翌朝、どんよりとした雲に覆われていたが、目の前の海はそれでもエメラルドグリーン。晴れたらどれほど美しいのだろうか?朝食を済ませ、ホテルから見える来間大橋を渡り、それから島の南をイムギャーマリンガーデンを見学し、右側に太平洋・左側に東シナ海を一望出来る宮古島最東端にある東平安名崎を経由し、今度は一気に伊良部島へと北に進む。



全長3540mの無料で走れる日本最長の伊良部大橋は圧巻の長さだった。佐良浜漁港でランチ(私はオリオンビール付き)を済ませ、星の砂で有名な白鳥崎、佐和田の浜、通り池、渡口の浜・・・と伊良部島を一周見学。もうこの頃になると海の青さの感動が薄らいでいた。ちなみにこの二日間でどこの施設も入場料・駐車代は一切掛からなかった。繁華街で早めの夕食を済ませ、空港へと向かう。40分の遅れがあり、23時に羽田到着。帰宅したのは日付が変わっていた。



【画像一番の上の葉っぱに隠れた「シマアジ」が絶品】


一度もハンドルを握ることなく、全食オリオンビール付きの極楽旅。一泊二日ながらほぼ丸二日フルに楽しめた。(つづく)


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【2月の定休日】2月1日(水)・7日(火)・8日(水)・14日(火)・15日(水)・21日(火)・22日(水)
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ