2021/04/04 10:11:46

映画:「ノマドランド」

公開されたばかりの映画「ノマドランド」を観に行った。



【解説】「スリー・ビルボード」のオスカー女優フランシス・マクドーマンドが主演を務め、アメリカ西部の路上に暮らす車上生活者たちの生き様を、大自然の映像美とともに描いたロードムービー。ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション「ノマド 漂流する高齢労働者たち」を原作に、「ザ・ライダー」で高く評価された新鋭クロエ・ジャオ監督がメガホンをとった。


ネバダ州の企業城下町で暮らす60代の女性ファーンは、リーマンショックによる企業倒産の影響で、長年住み慣れた家を失ってしまう。キャンピングカーに全てを詰め込んだ彼女は、“現代のノマド(遊牧民)”として、過酷な季節労働の現場を渡り歩きながら車上生活を送ることに。毎日を懸命に乗り越えながら、行く先々で出会うノマドたちと心の交流を重ね、誇りを持って自由を生きる彼女の旅は続いていく。2020年・第77回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞、第45回トロント国際映画祭でも最高賞の観客賞を受賞するなど高い評価を獲得。第78回ゴールデングローブ賞でも作品賞や監督賞を受賞。第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など6部門でノミネートされる。



終業後に映画館へ向かうのはいつ以来だろう?と映画館へと向かう。封切5日の館内にはごく少数の観客が超ロングディスタンスで座っており、安心しながら上映前定番の亀戸アンフェリシオンのCMを眺めつつ、暗闇に目を慣らしていく。


実に静かで淡々としたドキュメンタリー映画のような作品でホームレスではなく自らハウスレスと語るキャンピングカー生活のノマド(現代の遊牧民)たちがそれぞれの人生の集大成をどのように生きるのか?を模索し続ける。また主人公のファーンは化粧っ気も髪も身だしなみも気にしていないのだが、主人公以外はすべて当事者本人だと後から知った。



広大で車社会のアメリカならではの生活スタイルであるが、ロングバケーションではなく、行くあてのない旅・固定してない安住の地にはどうにもこうにも私には向いておらず、だからキャンピングカーの様子があまり快適に見えなかったのかも知れない。



【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【5月の定休日】5月11日(火)・12日(水)・18日(火)・19日(水)・26日(水)
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ