2021/06/07 9:39:15

瀬戸内海環境保全特別措置法

新聞の片隅に掲載されていたちょっと興味深かった記事。


瀬戸内海の一部で窒素やリンなどの「栄養塩」が不足し、漁業に悪影響が出ている問題への対策を盛り込んだ改正瀬戸内海環境保全特別措置法(参院先議)が、3日の衆院本会議で可決、成立した。 赤潮の被害が深刻だった高度成長期以降、水質改善が進んだことで生じた新たな課題に対応する。早ければ来年4月にも施行する。


栄養塩は下水処理場や工場などから排出され、増え過ぎると赤潮の原因となる。特措法は国が栄養塩の削減目標を定め、各府県がこれに基づき排水を規制。ただ一部地域では栄養塩が不足し、養殖ノリの色落ちや漁獲量の減少が起きている。


改正法は関係府県知事が特定の海域を対象に、栄養塩を増やす目標を計画に定め、対策を講じる制度を設ける。水質環境基準の範囲内で工場などの排水処理方法を変えるなどして、窒素やリンを海に適量供給できるようにする。



つまり綺麗にし過ぎたら漁獲量が減ってしまったという何とも皮肉な話である。必要悪とまでは言わないが、何事もある程度の「悪」は必要なんだろうと思う。



【明日6/8(火)〜6/9(水)は当社連休となります】


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【2月の定休日】2月1日(水)・7日(火)・8日(水)・14日(火)・15日(水)・21日(火)・22日(水)
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ