2021/08/22 9:58:52

映画:「悪の教典」

映画「悪の教典(2012年公開)」を観た。



【解説】目的のためならば殺人もいとわない教師の姿を描いた貴志祐介の問題作を、「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「十三人の刺客」の三池崇史監督が映画化。伊藤英明が主演し、自身初の悪役に挑んだ。生徒から慕われ、学校やPTAからの評価も高い高校教師・蓮実聖司は、教師の鑑ともいうべき表向きの顔とは別に、他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)という隠された顔があった。いじめ、モンスターペアレンツ、セクハラ、淫行など問題だらけの学校で、自らの目的を達するため、蓮実は躊躇なく殺人を繰り返していく。しかしある日、ほんのささいなミスを犯してしまった蓮実は、それを隠匿するためクラスの生徒全員を惨殺することを決める。共演に二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之ら。



三池監督作品に期待しながら視聴するが・・・「狂乱」が始まる前まではまだ耐えられたが、始まってからはどうにもこうにも・・・生徒たちがいくらでも逃げ出せる環境にあったにも関わらずわざわざ教室に立て篭もったり、救出する先生になりすませばもっと違った展開になったんじゃないか?と思ってしまい、さらに人物像を解明することも追い詰めることもなく淡々とエンディング。吹越満の独特の存在感とは異なり、山田孝之がチラッとした登場しただけで・・・



ライフルの反動はリアルで良く、劇中に流れるモリタート(殺人物語大道歌)も良かったが歌詞を見てげんなり・・・やはりサイコチックな作品は苦手だ。



【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)0028837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ