2021/10/31 9:57:35

映画:「浜の朝日の嘘つきどもと」

シネスイッチ銀座で観たのは映画「浜の朝日の嘘つきどもと」だった。



【解説】福島県南相馬に実在する映画館を舞台に、映画館の存続に奔走する女性の姿を描いたタナダユキ監督のオリジナル脚本を高畑充希主演で映画化。100年近くの間、地元住民の思い出を数多く育んできた福島県の映画館・朝日座。しかし、シネコン全盛の時代の流れには逆らえず、支配人の森田保造はサイレント映画をスクリーンに流しながら、ついに決意を固める。森田が一斗缶に放り込んだ35ミリフィルムに火を着けた瞬間、若い女性がその火に水をかけた。茂木莉子と名乗るその女性は、経営が傾いた朝日座を立て直すため、東京からやってきたという。しかし、朝日座はすでに閉館が決まっており、打つ手がない森田も閉館の意向を変えるつもりはないという。主人公・莉子役を高畑が演じるほか、大久保佳代子、柳家喬太郎らが顔をそろえる。本作と同じタナダユキ監督&高畑充希主演で、福島中央テレビ開局50周年記念作品として2020年10月に放送された同タイトルのテレビドラマ版の前日譚にあたる。



レトロ映画館で見る震災とコロナを経験したレトロ映画館存続の話である。いつもながらの高畑充希の自然な会話が素晴らしいのだが、大久保佳代子演ずる先生の生き様が最期のひと言共々実に格好良く、病室でのやりとりに涙と笑いが入り混じった。



映画という決してお腹いっぱいにならない娯楽と残像効果で映画の半分は暗闇という趣の深さに改めて映画館での映画について考える。そして今後将来の夢としていつか映画館をやってみたいと思った作品であった。



【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産





2021/10/30 9:52:22

伊勢佐木町

先日訪れた横浜のレトロ映画館ジャックアンドベティ


劇場付近を歩いていると「伊勢佐木町」の町名表示を発見。



すると条件反射で「ドゥドゥビ ジュビドゥビ ジュビドゥヴァ〜」って口ずさむんでしまう。


だからご当地ソングは素晴らしいのである。あなた知ってる?



【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産





2021/10/29 9:34:30

シネスイッチ銀座で映画を観て来た

すっかり自分の中でブームになっているレトロ映画館巡り。先日都内のレトロ映画館について調べていたら、シネスイッチ銀座が出て来た。あそこもレトロになるんだと休日に上映スケジュールを確認して来館。



昭和30年代に銀座文化劇場として開館し、1997年にリニューアルオープンしたふたつのスクリーンを持つミニシアターで、ここでの鑑賞は2006年以来なので15年ぶりの来館だった。先に座席を予約してから、ランチと買い物をして再来館。上映作品の小道具も展示されていてなかなか興味深い。ただ座席は前回のジャックアンドベティ同様良質だったのが少し残念だったが・・・次はあそこへ行こうと計画中。



【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【12月の定休日】12月6日(火)・7日(水)・13日(火)・14日(水)・20日(火)・21日(水)★28日(水)通常営業→30日(金)〜1月4日(水)正月休み
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ