2022/11/14 9:22:12

3年ぶりのジャイアンツ宮崎秋季キャンプ

2019年以来3年ぶりにジャイアンツの宮崎秋季キャンプを見学しに行った。


試合よりも練習(特に守備)見学が好きなので、東京ドームでの試合時は開門と同時に入場し、対戦チームの練習をボーと見学している。ただホームであるジャイアンツの練習は見学出来ないので、このキャンプではじっくりと守備練習を楽しめる。


毎年開催される時期はほぼ同じなので、九月の時点であらかじめ予定を組み、増田大輝選手の来シーズンの去就を気にしていたが、先月末まで特にニュースもなく、ひと安心した上で練習日程を確認した上で予約をしたものの、後日発表された参加メンバーに増田大輝の名前が無かった・・・「いろいろあった」坂本が11年ぶりに参加とのことだったので、若手選手中心で観客もそれほど多くない快適なキャンプがちょっと込み合うな〜と心配していたが、坂本は私が訪れる前の第一クールで宮崎を後にしていた・・・



当社連休前の月曜夜に宮崎へ到着。翌朝宮崎駅から電車でキャンプ地へと向かう。ジャイアンツカラー仕様の木花駅(上画像上段左)から徒歩で宮崎総合運動公園へ9時前に到着。開門と同時にメインスタジアム(サンマリンスタジアム・〃中段左)へ入場。前回同様、キャンプ地に選ばれるだけあり、初夏のような日差しが出迎えてくれる。選手たちがパラパラとグランドに集合し、柔軟体操が始まる。メインでは打撃練習が中心なので、同運動場内にある守備練習用の球場(ひむかスタジアム・〃中段右)へと移動する。広大な運動公園には前回あったレンタサイクルが今年は無く、フラフラと歩いて向かうのだがこれが結構遠い・・・球場では川合コーチ指導の元、少数精鋭の若手選手たちの守備練習が始まる(〃下段左)。しばらく見学した後、再びメインスタジアムまで戻り、打撃練習を見学し、隣にあるブルペン(サンライズブルペン・〃下段右)で投球練習を見学。約3時間ほど見学した後、木花駅まで戻り青島神社(下画像上段左)へ向かい、宮崎駅まで戻る。



過去2回とも訪れた地元の居酒屋さんは閉店しており、地元の方のおススメのうどん(〃上段中)を頂く。そして最終日はキャンプ日程が未確定の状態での予約だったので、どちらかが休養日でも対応できるように遅い便にした結果、かなり時間に余裕があり、前回同様のんびりと来月県知事選が迫る宮崎県庁(〃上段右)を始め、西南戦争の時に2ヶ月ほど滞在した西郷隆盛駐在之跡(〃中段左)他市内をフラフラ街歩きをしてから、タルタルチキン南蛮発祥の店(〃中段中)でランチをして空港へと向かった。街角にも「みやざきゴルフパラダイス」ののぼり(〃下段左)や空港内には今週木曜日から開催される男子プロゴルフのダンロップフェニックストーナメント(〃下段右)の特設コーナーが設けられていた。


いつかパラダイスでゴルフしたいものだと思いつつ、ほろ酔いのまま機内に乗り込んだ。



【明日11/15(火)〜11/16(水)は当社連休となります】


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産


東京下町・新小岩駅の不動産屋三代目のつぶやき






会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)0028837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ