2018/02/25 10:06:58

映画:「ソロモンの偽証」

映画「ソロモンの偽証(2015年公開)」を観た。



【解説】直木賞ほか多数の文学賞を受賞するベストセラー作家の宮部みゆきが、「小説新潮」で9年間にわたり連載したミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の前編。バブル経済が終焉を迎えつつあった1990年12月25日のクリスマスの朝、城東第三中学校の校庭で2年A組の男子生徒・柏木卓也が屋上から転落死した遺体となって発見される。警察は自殺と断定するが、さまざまな疑惑や推測が飛び交い、やがて札付きの不良生徒として知られる大出俊次を名指しした殺人の告発状が届き、事態は混沌としていく。遺体の第一発見者で2年A組のクラス委員を務めていた藤野涼子は、柏木の小学校時代の友人という他校生・神原和彦らの協力を得て、自分たちの手で真実をつかもうと学校内裁判の開廷を決意する。物語の中心となる12人をはじめとした中学生キャストは、1万人の応募があったオーディションで選出。藤野涼子役の新人女優・藤野涼子は、本作での役名をそのまま芸名に女優デビューを飾った。



映画館の予告を観て面白そうだと思っていた作品だったので、前編(事件)・後編(裁判)を録画して休日に一気に観た。ほとんどBGMが流れない静かな作品で、それぞれの嘘がテーマになるのだが、どうにも後付け感が否めず、途中である程度予想もついたし、最後は「ん〜」って感じでエンディング。ただ黒木華、永作博美、田畑智子を始め、藤野涼子と三宅樹理役の石井杏奈が好演。また江東区出身の宮部みゆきなので、江東区や江戸川区がやたら登場し、景色もどこか見覚えがあるシーンがいくつも流れ、エンドロールでは葛飾区スポーツセンターの文字を発見。どのシーンなのだろうか?



以前観た「64ロクヨン」同様、前編後編の作品の感想はやはり「前後に分ける必要あった?」だった。


【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産






コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(有)やな瀬不動産
カナ
ヤナセフドウサン
免許番号
東京都知事免許(13)28837
代表者
梁瀬 雄司
所在地
1240024
東京都葛飾区新小岩1丁目23−9
TEL
代表:03-3655-5691
FAX
代表:03-3655-5456
営業時間
9:30〜18:00
定休日
第1・2・3火曜日、毎週水曜日
【2月の定休日】2月1日(水)・7日(火)・8日(水)・14日(火)・15日(水)・21日(火)・22日(水)
最寄駅
総武・中央緩行線新小岩
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ